福島県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

福島県の保育士求人の傾向や転職のポイント

福島県の保育士転職・求人

 

福島県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、保育士不足が相変わらず続いているのが現状になります。

 

元々なり手が少ない業界の上に東日本大震災の影響も大きくありましたので、それ以来有効求人倍率も上昇する傾向となっていまして、多くの人材を求めています。

 

そういった状況になりますので、ある意味では転職しやすい県と言えるのではないでしょうか。

 

転職しやすい状況と考えられる福島県ですが、労働環境は良いとは言えない状況となっています。
平均年収や年間賞与といった数字が全国平均よりも遥かに下回っている現状となっているからです。

 

特に平均年収は全国の都道府県と比較した場合下から数えた方が早く、全国平均316.7万円に対して243.1万円であり、年間賞与も半分ほどの数字となる25.3万円となっています。

 

これだけの差がありますと、かなり厳しいと言わざる負えず、せっかく人手を募集してもなかなか集まらない状況となっています。

 

その代わりデータ上では勤続年数は平均よりも長く、平均年齢も若く、労働時間も短くなっていますが、景気や立地条件や東日本大震災の影響が大きくでています。

 

勤務時間が短いのは福島県における保育士の数が足りない事により、児童の受け入れを中止するなど仕方なく勤務時間を短縮して対応している場合が多いです。

 

福島県では特に被害が大きかった沿岸部や避難が命じられている地域や近い地域では極端に人手不足に陥っており、なかなか人材が集まりません。
さらに上記のように賃金も安い待遇になるので求人に対して応募がなかったところも一部あったようです。

 

平成26年度の有効求人倍率は1.86倍になっており、東日本大震災以前は1倍を切る数字になっていて、大きく変化したことが分かります。

 

平成22年度は平均年収410.7万円というデータが残っており、その翌年から一気に下落していますので、如何に影響が大きかったのが分かると思います。

 

このような状況になっていますので福島県で保育士として働くのは、少し過酷な現状となっています。

 

労働内容が大変であり、賃金が安いので人が集まらないのは当然と言えるのではないでしょうか。
また保育士だけではなく看護師なども待遇面は同じように悪化していまして、福島県全体が落ち込んでいます。

 

しかし、それだけ転職しやすい、すぐに働ける場所とも言えまして、しっかりとした転職サイトやエージェントを利用すれば、福島県の保育士でもより良い条件を見つけられるかもしれません。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧