群馬県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

群馬県の保育士求人の傾向や転職のポイント

群馬県の保育士求人・転職情報

 

群馬県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、新しく転職して働くには厳しい傾向がある地域となっています。

 

何故厳しいかと言いますと、有効求人倍率が極めて低い数値となっているからです。

 

平成25年度のデータだと0.83倍となっており、平成26年度だと0.66倍とさらに下がっています。

 

これは求人数が少ないので、このような数値となってしまっており、群馬県の中でも都市部と田舎では大きく違いがありまして、どこで働くかも重要なポイントとなるでしょう。

 

平均年収などのデータを見ますと、全国平均よりかは下がりますが294.5万円であり、年間賞与も56.6万円とそれほど大きな違いはありません。

 

平均年齢は32.9歳、勤続年数は6.9年、労働時間は164時間といずれも全国平均よりかは下がっており、待遇としては悪くない環境が整っています。

 

しかし、先ほど言ったように都市部と田舎での差が大きく、都市部は人口増加の傾向があり、保育士の需要が伸びていっています。

 

逆に田舎はそれほど必要とならず、施設数も少ないので募集自体が少ないですから、有効求人倍率も低い数値となっているのでしょう。

 

単純に待遇面を考えると平均年収の推移はほぼ毎年300万円を超えていて、良い条件となっていますので転職して働くには悪くありません。

 

群馬県の全体的には需要が低下していると思えますが、県庁所在地である前橋市は治安も良く、過ごしやすい街であり、交通の便も良いので、首都圏のベッドタウンになっており、人口が増加して、保育士の需要は伸びています。

 

高崎市や桐生市や伊勢崎市も観光スポットが多くあり、県外から来られる方もいまして、それなりに需要は伸びているでしょう。

 

もちろん太田市や富岡市といった工業的な街に住む人も多く、共働きで働く世代が増加していますので、同じく求人が増加している地域になります。

 

このように群馬県は地域による格差がありますので、データや数値だけを見るのではなく、しっかりと求人を探すことをおすすめします。

 

特に転職を考えている方は転職サイトやエージェントを利用して、それぞれを比較して、より良い条件を見つけるのが一番ではないでしょうか。

 

また待遇面は悪くなかったとしても通勤などの問題もありますので、そこら辺も見ておかなければなりません。

 

トータルとしては群馬県は求人数が少なく、さまざまな問題があり転職も大変になっている傾向が強い地域になっていることを覚えておきましょう。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧