北海道の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

北海道の保育士求人の傾向や転職のポイント

北海道の保育士求人・転職

 
北海道の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、他の都道府県よりも供給過多になっている傾向にあります。

 

特に東京都は保育士不足が叫ばれていますが、北海道は逆になっており、有効求人数よりも有効求職者数の方が上回っているのです。

 

過去の平均データから算出した有効求人倍率にしますと山梨県に次ぐ2位の0.61という数字になっていまして、十分に保育士の数が足りている計算になります。

 
そういうデータもありますので、北海道における平均年収は全国平均よりも30万円ほど下がっており、毎年平均月収も少しずつ下降しています。

 

このように保育の現場への就職は供給過多になっているのが現状なのですが、かえって待遇面も全国と比べるとあまりよくありません。

 
保育所の数の問題もありますが、平均年収・平均月収・年間賞与も全国平均から下回っているのです。しかし、労働時間も全国平均から下回っていて、勤務内容は少し楽になっているのかもしれません。

 

また勤続年数や平均年齢も同様で、体力の問題もそうですが、給料のこともあってかそれだけ早く転職する人も多くいるでしょう。

 

供給過多の現状で北海道の保育士に転職するのは、あまり良いとは言えませんが、早く辞める人も結構多くいますので転職の募集は意外と多くあります。

 
過去の平均データからの有効求人倍率は0.61という数字で全国的にも目立ったものでしたが、北海道を代表する都市である札幌の場合は、この数字が1.4倍になります。

 
やはり求人が多い土地であっても都市部になれば需要の方が多いみたいで、多くの転職者を募っています。

 

こういった数字が現わすように札幌では保育士を募集している数もそれなりに多くありますので、同じ道内であっても働くなら都市部の方が良いかもしれません。

 

途中採用ができる環境もそれなりに整っており、多くの運営が働き手を募っていますから安定した募集が見込まれるでしょう。

 

都市部とはいえ当然ですが、先ほどの数値である他の都道府県よりも年収などの全国平均の数値が低いですから成り手が少ないのが現状です。

 
離職率が高く、復職率が低い業界ですから新しいテコ入れが必要となり、年収などによる働き手の質の問題をカバーしなければなりません。

 
道内でも田舎と都市部では大きな隔たりがありますので、転職を考えていたり、求人を探していたりするのでしたら、これらのデータなどから都市部で働く方が良いでしょう。

 
全国平均から比べたら賃金が低い土地になりますが、道内でも格差があり、都市部の方が有利に働けます。

 

それらを考えて、道内でもどこで働くかを考えてみれば良いのではないでしょうか。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧