岩手県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

岩手県の保育士求人の傾向や転職のポイント

岩手県の保育士転職・求人

 

岩手県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、その他の東北の県と同じく年収や月収といった数字は全国平均よりも下回っています。

 

全国平均よりも40万円ほど低い276.1万円という平均年収になっており、東北の都市部である盛岡を有する岩手県でも低い数字となっているのです。

 

年収や月収や年間賞与の数字が低いだけでならまだマシなのですが、労働時間も全国平均より2時間長くなっており、勤続年数も6.9年と全国から見ても状況が悪いと言わざる負えません。

 

その割に働いている人の平均年齢が37.3歳と全国平均の34.8歳を上回っており、転職されて働いている人が意外と多いのかもしれません。

 

このように数字的には悪いように思える岩手県の保育士の現状ですが、中途採用の方でも働きやすい状況があると言えます。

 

また平成26年度のデータだけを見れば労働環境が悪く賃金も低いと感じるかもしれませんが、割と波があるようで平均年収も全国平均と変わらないぐらい高い年もあります。

 

平成25年度は平均で308.8万円、平成24年度は280.6万円、平成23年度は299.7万円、平成22年度は252.2万円と上がったり下がったりしているのです。

 

地方の都市だと人口や景気に左右されるところが大きく、求人数もそれに伴って上下します。

 

当然年収や月収にも直結しており、その年のデータだけではなく長い目で考えて求人を探したり、転職したりしなければならないでしょう。

 

また岩手県は東日本大震災の影響を大きく受けた県になりますので、保育士の求人も大きく変動しています。

 

今でも保育士の人手不足に陥っており、東日本大震災が起こる前の2010年の有効求人倍率と2014年のものを比べてみますと、1.13倍から1.59倍になっています。

 

特に沿岸部だけで数字を見てみると東京や神奈川といった都市圏の数字と変わらないぐらいの人手不足となっていて、多くのなり手を募集しています。

 

この数字は徐々に増え続けている傾向にありまして、それが労働環境の悪化にも影響していると考えられます。

 

都市部以外だと働ける場所が少ないと思われがちですが、必要としている場所も多く、保育所はあるけど保育士が足りないといった施設も存在しますので意外と求人の数は多くあります。

 

表には見えない、分かり辛い埋もれた求人を探すためにはハローワークだけではなく、転職サイトを利用してくまなく探してみると良いかもしれません。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧