神奈川県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

神奈川県の保育士求人の傾向や転職のポイント

横浜,保育士,転職,求人

 

神奈川県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、大きな都市を含む県になりますので求人数も多く、平均年収も高くなっています。

 

平成26年度の平均年収の全国平均は316.7万円に対して、332.7万円とオーバーしており、良い条件で働くことが可能となっています。

 

また例年の平均年収は330万円前後を推移しており、高い需要に対して、それだけの対価を支払っている状況になりますから上手く転職することで良い職場をみつけることができます。

 

年間賞与に関しましては全国平均よりも下がっていますが、平均年齢はほぼ変わらず、労働時間も一緒になっているので理想的な労働環境と言えるかもしれません。

 

しかし、勤続年数は5.7年と意外と短くなっていまして、離職率が高いことが窺えますので、需要が高く転職しやすい環境になっています。

 

その証拠として、有効求人倍率も平成25年度が2.56倍、平成26年度が3.03倍と非常に高い数字となっていて、高い賃金を設定しているにも関わらず、このような結果となっています。

 

男性と女性と別にデータを見ましても平均年収が高く、男性の方が勤続年数が3.0年と短く、それだけ重労働な仕事であることを示しています。

 

神奈川県のような大都市になるほど人口が多くいますので、保育士の需要がとても高く、多くの転職者を募っています。

 

求人や転職サイトを見れば分かるように数多くの施設などが募集していまして、ある意味では好きなように選べる状況でもあります。

 

労働条件が悪いけど賃金が高いもの、軽く働けるものなどさまざまな条件の求人がありますので、その他の都道府県よりもしっかりと選ぶことが大切となってきます。

 

神奈川県では各自治体でそれぞれの地域に合う保育サービスを展開していまして、多くの課題がある保育サービスをサポートしています。

 

そういった影響もありまして、待機児童が減少する傾向にあり、保育士の労働環境も整備され、働きやすくなっているでしょう。

 

神奈川県のような大きな都市だと問題が多いような気がしますが、地域に根付いた活動をしっかりされていますので、子育てをする側もお子さんを預かる側も安心できるのです。

 

子育てサポートに登録すれば、サービスの利用や検索が楽になり、双方の負担が減り、横浜市港北区では認可保育園を開放しており、自治体全体でバックアップしています。

 

今後もサポートが充実していくと考えられますので、もっと環境は良くなるでしょう。

 

そういった環境でも人口の問題などで保育士の有効求人倍率が高いです。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧