宮城県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

宮城県の保育士求人の傾向や転職のポイント

宮城県の保育士転職・求人

 

宮城県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、平均年収などが割りと全国平均に近い数字になっています。

 

それでもやや劣りますが、東北にある県と考えれば十分に良い数字だと言えるでしょう。

 

ですが、仙台市などの大きな都市を有する宮城県ですので、地域による格差もあり、仙台市などの地域では人手不足になっている傾向があります。

 

先ほどの全国平均の話になりますが、平均年収は20万円ほど低く、平均月収や年間賞与も少し劣るぐらいになりますが、平均年齢は2歳ほど若いのです。

 

比較的若い保育士さんが働いている地域と言えまして、労働時間も全国平均から5時間短く、環境もそれほど悪くありませんので、他の都道府県よりか良い環境であり、良い条件の求人や転職ができるかもしれません。

 

しかし、先ほどもいったように同じ県内であっても地域格差が高いと考えられますので、慎重に検討する必要があります。

 
また宮城県も東日本大震災の影響を強く受けた地域になっていますので、有効求人倍率が震災前と後では大きく違っています。
以前は0.76倍といった数字でしたが1.82倍と一気に数字が跳ね上がっており、地域によっては多くの保育士を求めていることが分かります。

 

宮城県の保育士の平均年収は平成25年度も311.9万円と高い水準を誇っており、賃金だけを見れば満足できるものとなっています。

 
このように求人の数も多く、賃金もそれなりに高い環境になりますので、転職を考えている人は現状よりも良い条件を探しやすいと言っても良いでしょう。

 
たくさんの数の募集がありますので、その中で良いところを見つけるためにはしっかりとした転職サイトやエージェントを見つけるのが重要になります。

 

保育士不足が懸念されているのは東京などの大都市だけではなく、東北地方でも同じであり、環境が合えば都市圏で働くよりも過ごしやく働きやすいでしょう。

 
今後も平均年収は地方の県としては高い水準を誇っていますので、そういった意味でもやりがいがあると言えます。

 

勤続年数や働いている人の平均年齢を見ても比較的若い人が多くいる職場になります。
また男女別で平均年収を見たところ近年ではそれほどの差がなく、その他の都道府県と違ってバランスが取れていますので誰にでも働きやすいのです。

 
それでも数年前までは働いている人の数の多さが全然違いますが、男性の方が年収が高い傾向にありましたが、男性と女性とであまり変わらなくなっています。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧