新潟県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

新潟県の保育士求人の傾向や転職のポイント

新潟県の保育士求人・転職について
 

新潟県の保育士の転職・求人に関する傾向になりますが、地方の都市としては全国平均に似たような数字を持っている地域となっています。

 

平均年収は全国平均の316.7万円に293.7万円、月収にすると19.3万円と少し落ちてしまいますが、年間賞与は全国平均よりも高い数字となっています。

 

また平均年齢の方は30.9歳と若く、それに加えて勤続年数も8.3年と長くなっていますので、比較的健全な労働環境となっているでしょう。

 

労働時間の方は少し長い171時間になりますが、先ほどのように平均的な数字に加えて、若い方が長く働ける環境になりますので新陳代謝が効率的に行われているのではないでしょうか。

 

新潟県の有効求人倍率の方を見てみますと、平成25年度が1.69倍、平成26年度が1.61倍とあまり変化せずに平穏に推移しているのが分かります。

 

過去5年の平均年収や年間賞与をみましても、それほど大きな変化がなく多少前後しているだけで安定的な労働環境であることが分かります。

 

このような数字になっているのが新潟県の保育士の転職・求人の傾向になりまして、有効求人倍率も手頃な数字ですから新たに働く人にとっても、今まで働いている方にとっても良い条件と言えるでしょう。

 

ですが、全ての施設が労働条件が良いとは言えませんので、良い転職サイトやエージェントを利用して、より良い場所へ転職しないといけないでしょう。

 

新潟県の中でも政令都市である新潟市は若者の結婚や共働きなどで人口増加の傾向がありまして、これからは保育士の需要が高まってくると予想されています。
そういったことから一般的な保育園だけではなく、地方自治体の施設なども含めて、多くの求人も増えると言われ、これから転職を考えている方は準備をしていた方が良いかもしれません。

 

四季折々がハッキリしていて、食べ物も美味しく、都市部は都市部の良さがあり、田園風景も広がる地域になりますから住みやすく、働きやすい街でもあります。

 

歴史も古くプライベートを過ごすにも適しており、新潟市以外の長岡市や南魚沼市エリアも広く保育士の求人がありますので、さまざまな選択肢をもてるのではないでしょうか。

 

先ほどもバランスの良い労働環境と言いましたが、それは男女ともそうで、多くの男性の方も働いており、一般的に条件が悪くなる男性ですが、賃金面もそれほど大きく乖離していません。

 

全体的に働きやすくなっているのが新潟になりますので、より良い条件を見つけて働くと良いでしょう。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧