埼玉県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

埼玉県の保育士求人の傾向や転職のポイント

埼玉,保育士,求人

 

埼玉県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、高い労働環境の水準を誇っており、需要も多くありますので、働きやすいと言っても良いでしょう。

 

埼玉県の保育士の平均年収は308.3万円と全国平均とあまり変わらず、例年の推移を見ても高い数字を維持しており、待遇面では良い方となっています。

 

平成26年度の年間賞与は全国平均よりか下回っていますが、その他の年は軒並み高い数字になっていますので、その点も安心できるのではないでしょうか。

 

平均年齢は31.9歳、勤続年数は6.1年、労働時間は170時間と少し全国平均と離れたものとなっていて、保育士の供給不足のため労働内容が厳しくなっていることが分かると思います。

 

有効求人倍率にしても平成25年度が1.47倍、平成26年度が3.05倍と需要が大きくなっていて、都市部にありがちな傾向になっています。

 

それと何故、この倍率が約倍に増えているかと言いますと、求職者数はあまり変わらないのですが、求人数が倍以上に増加しており、子育て世代の方が働ける社会になっていることをよく表しているのではないでしょうか。

 

また面白い傾向として、埼玉県では男性と女性の保育士では、男性の方が平均年収が高いデータというデータがあります。

 

絶対数は女性が多く、女性の平均年収が低いという訳ではないのですが、他の県には見られない数字となります。

 

しかし、男性の平均数値を見ると女性よりも労働時間が10時間も多く、勤続年数も11.7年、平均年齢が37.7歳と割とベテランの方が働いている職場となっているでしょう。

 

そういった意味でも中途採用で入られる転職の方にも働きやすく、多くの需要がありますので、さまざまな施設でも募集されているはずです。

 

このように需要と供給のバランスが崩れている埼玉県になりますので、さいたま市では埼玉労働局が協力して保育士合同就職面接会というものを行なっています。

 

どういった仕事をするのかといったことを運営者と直接話すことができて、多くの求職者と事業所が参加し、転職に結びついている実績を挙げています。

 

新規の事業所も参加していて、大宮ソニックシティといった大規模施設で行われる面接会となっており、就職や転職に積極的でない人材を集める取り組みをしているのです。

 

その他にも再就職セミナーなども行ない、多くの需要を満たそうと自治体が一体となって取り組まれています。

 

働きたいと考えている方はこれらの説明会と共に転職サイトを利用して、じっくり考えると良いでしょう。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧