栃木県の保育士求人の傾向や転職のポイントについて

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

栃木県の保育士求人の傾向や転職のポイント

栃木の保育士転職・求人
 

栃木県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、多くの会社があり、人口も増加していますので、需要もそれなりに多く、働きやすい地域となっています。

 

平均年収の面から考えますと、全国平均よりも少し落ちる299.2万円、年間賞与も53.9万円と劣りますが、他の北関東の県との違いがあります。

 

その違いですが、平均年齢が30.5歳と若く、勤続年数6.3年、労働時間167時間と全国平均と近い数字となっており、現実的な数値となっているのです。

 

特に顕著にあらわれているのが男性のデータになっていまして、女性よりも平均年収や年間賞与が低く、平均年齢が25.9歳ととても若いのです。

 

このことからも栃木県は若い人材を利用していることが分かり、多くの人材を募っていますから転職するのにも有利だと言えるでしょう。

 

男性、女性関わらず平均年収の推移は高い水準になっていますので、その点も安心できるかと思います。

 

群馬県の保育士の有効求人倍率の方ですが、平成25年度が1.54倍、平成26年度が2.12倍と供給と需要だと需要の方が勝っていますが、良い頃合いの数字となっており、転職しやすい環境となっているでしょう。

 

極端に有効求人倍率が低い群馬県と比べた場合、栃木県はそれほど地域による格差が少なく、都市部は人口が増加傾向にあり、首都圏のベッドタウンとしてではなく、街の特長を活かした発展をしています。

 

栃木県の県庁所在地となるのが宇都宮市です。

 

宇都宮市は東京に本社がある企業の支社や工場が多い街になりまして、北関東を代表する街であり、多くの方が住まわれています。

 

特に子育て世代の方や共働きをする方が急増しており、保育士の需要が急激に伸びている地域でもあるのです。

 

先ほどの有効求人倍率にあったように年々増加している傾向にあり、保育士として働きたい方にとっては注目しておきたい街です。

 

また宇都宮市には幼児教育を専門にした短大もありまして、地元で勉強して地元で働く方も数多く、しっかりとした保育士教育がなされています。

 

その他の街である足利市なども保育教育に力を入れてきており、これからも需要が伸びるのが予想され、多くの求人が増えるでしょう。

 

そういった傾向になっていますので、転職を考えている方はしっかりとしたサイトなどを使って、比較・検討してみてください。

 

栃木県は労働環境も待遇もそれなりに整っており、募集も多いので働くのに適した街となっています。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧