東京都の保育士求人の傾向や転職のポイントを解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

東京都の保育士求人の傾向や転職のポイント

東京都の保育士求人・転職

 

保育士に限らずどんな仕事においても転職を考える際、求人の傾向をよくチェックしながら新たな職を探していくわけですが、その地域というのもとても大事なポイントですよね。

 

日本の首都である東京都で保育士の転職を考えているという方に、今どきの事情や求人の傾向についてを紹介していきたいと思います。

 

東京都内でのお仕事探しをしている方や、これから考えようと思っていたという方などは参考にしてみてくださいね。20代~30代の女性の方の多い職場なので、ちょうど同じくらいの年代の方の参考になるはずです。

 

東京都での保育士の需要や求人数

まずは需要に関してなのですが、保育従事者の不足を解消するための「地域限定保育士」の導入に東京都内は消極的な姿勢を見せています。

 

地域限定保育士は、簡単にまとめてしまえば、国家試験の複数回化によって保育士の供給を年1回だけではなく増やしていこうというような政策になります。

 

実務経験や子育ての経験はあるものの資格をまだ取れていない、というような人材を保育事業者が採用して密度の濃い実習、座学の研修などを数ヶ月間に渡り行うことで機動的に保育従事者を育てていくことのできるこの政策は神奈川県で導入され、その進みから他の都道府県にも適応されていく予定です。

 

最も保育士不足が深刻である東京ですが、この政策には莫大な財源が必要になることなどのいくつかの理由から政策の実行にはあまり乗り気ではない様子。
心配なのは、この姿勢が転職の求人に大きく関わってくるのか、というところですが実は求人状況には特に支障があるものではありません。

 

責任、仕事の量などと比べたときに待遇が良いかと聞かれると決してそうとは言えず、離職率が高い職業ですので、せっかく働いてもらおうと雇っても長く勤めてもらえないのであれば保育園からしても困ってしまいますよね。

 

ですから、東京で保育士の転職の求人を探すのは実は難しいことではありません。
常に求人情報は一定数出ている状況ですし、転職を考えている方にとっては就職への道の遠くない職業です。

 

ただ、今も上で言ったようにすぐに辞められてしまっては保育園も困りますから、責任感を持って仕事ができる人、そして誠実な人材が求められます。

 

子供とも関わりはもちろんですがお母さま方との関わりもとても重要となってきますから、求人の傾向としては子供のお母さん代わりをしっかりと勤められる人、また人間関係にも責任を持てる人を、やはり保育園は待っているようです。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧