保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

山梨県の保育士求人の傾向や転職のポイント

山梨県の保育士転職・求人

 

山梨県の保育士の転職・求人に関する傾向ですが、新しく働くために仕事を探すのに苦労するかと思います。

 

山梨県は全国で一番有効求人倍率が低い県となっていまして、数字上では保育士の数が足りている状況となっています。

 

過去の平均データでは、0.42倍という数字もありまして、他の都道府県と違った極端な傾向にある地域となっているのです。

 

最近のデータを見ましても平成25年度の有効求人倍率は0.76倍、平成26年度でも0.71倍とかなり低い数字を出しています。

 

何故、このようになっているかと言いますと職業安定業務統計のデータによると有効求人数が他の都道府県だと3桁や4桁となっているのに対して、唯一2桁の県であり、それほど人材を必要としていないのです。

 

こういった状況になっていますので、転職して働こうと考えている場合はしっかりと仕事先を探さないとなかなか働く場所を見つけるのは困難でしょう。

 

また山梨県の平均年収は284.6万円と全国平均と比較して、ちょっと下がった数字であり、月収で計算すると19.7万円と厳しいものとなっています。

 

その他の数字を見ても分かるように勤続年数の平均が5.9年、労働時間の平均が173時間と全国平均の数字よりも大幅に違っている保育士の労働環境となります。

 

このような状況下にも関わらず保育士の数が足りているということは幼稚園や保育園の数が少ないと言えるかもしれません。

 

山梨県の県庁所在地である甲府市であっても保育園の数が少なく、多くの方々が車などの乗り物を使用して、子供を送り迎えしているのが現状でありまして、山々に囲まれた立地条件も重なり、労働環境が悪くなっているのではないでしょうか。

 

基本的に子供も働く方も車などの乗り物が必要になりますので、そういった足の問題もありまして、労働環境以外の生活面での制限があるのも問題があります。

 

平成26年度以前の平均年収を見ますと、平成22年度と23年度と平成25年度は300万円を超えていますが、それ以外の平成24年度、26年度は300万円以下となりまして、バラつきがある数字となっています。

 

年間賞与も同じような感じの推移を見せており、保育士の数が足りているが故に条件が良かったり、悪くなったりしているのかもしれません。

 

山梨県に転職しようと思った場合は、さまざまな条件をクリアしないといけないと思いますが、さまざまな転職サイトやエージェントを比較して利用すれば、良い求人を探せます。

 

保育士転職サイト比較

 

 

地域別の保育士求人・転職のポイント

この記事に関連する記事一覧