保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

病棟保育士の求人と仕事内容

  病棟保育士とはどんな保育士なのか 病棟保育士とは、その名の通り病院の病棟、つまり入院患者がいる場所で働く保育士のことで、入院中の子供の保育をする人のことをいいます。   病棟保育士になりたい場合、通常の保育士の資格が必ず必要です。現在は、保育士の資格のみでなることができます... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

企業・事業所内保育士の求人と仕事内容

  新たな保育所の形 働く女性の増加に伴い、昨今増えているのが企業・事業所内保育士です。   これは働く女性がいる企業や事務所内、もしくは企業や事務所に併設という形で保育所があり、親が出勤前に子供を預け、退勤後に子供を保育所に迎えに行き一緒に帰宅するシステムをもつ保育所で働く保... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

美容室での保育士の役割・仕事内容と求人の探し方について

  美容室業界の新たなサービス 最近では美容室に保育士がいることが増えてきています。その仕事内容は、施術を受けにきた親の代わりに子供を数時間預かるということです。   生活習慣などの指導をするというよりは、親が安心してそこでの時間を過ごし、ゆったりとした時間を過ごせるよう子供の... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

児童自立支援施設での保育士の役割・仕事内容と求人の探し方について

  児童自立支援施設に入所する児童 児童自立支援施設とは、窃盗や傷害、家出、薬物乱用、性的非行などの不良行為を行なう児童や、行なう恐れのある児童、   また、不登校や引きこもり、虐待を受けた児童など、過ちを犯したり辛い経験をしたことによって   通常通り生活をしていた... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

情緒障害児短期治療施設での保育士の役割・仕事内容と求人探しについて

  情緒障害児短期治療施設について 情緒障害児短期治療施設には、不登校・引きこもり、拒食、過食症などのような心理的問題や心理的問題が影響した身体的な問題を抱えた子供達が入所しています。   その役割は、日常生活の多岐にわたり支障をきたしている子どもたちに、生活の支援を行いながら... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

重症心身障害児施設での保育士の役割・仕事内容と求人について

  重症心身障害児へのケアを行う施設 重症心身障害児施設とは、児童福祉法第43条の4で定義されている福祉施設で療養施設という位置づけです。   ここにいる児童は、重度の知的障害と肢体不自由を併せ持っていて、さらには障害程度がともに重度であるため、精神面・行動面における発達遅滞が... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

肢体不自由児施設での保育士の役割・仕事内容と求人について

  肢体不自由児施設とは 肢体不自由児施設は、「上肢・下肢・体幹機能」に障害を持つ児童を受け入れる児童施設です。   これは色々な歴史を重ねてきた中で障害児の機能向上のための専門施設として設置されており、児童福祉法で定められている施設のうちの一つです。   児童福祉法... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

学童保育での保育士の役割・仕事内容と求人について

  共働きの夫婦をフォローする学童保育 共働きの夫婦の子供が小学校以前は保育園で1日面倒を見てもらえていても、小学校へ入学後は学校が終わると保護者が帰宅するまでの時間は1人になってしまいます。   その子供たちの放課後をフォローする役割をもつのが学童保育です。   対... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

知的障害児通園施設での保育士の役割・仕事内容と求人について

  知的障害児通園施設とは? 知的障害児通園施設とは、児童福祉法でさだめられている児童福祉施設のひとつです。   その役割は、自宅で生活を行うことができる中度の知的障害児や発育障害を持つ児童を自宅から通園させ、自活に必要な技能や知識を習得させるための支援を行うこ とです。 対象... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

知的障害児施設での保育士の役割・仕事内容と求人について

  知的障害児施設とはどんな施設?   知的障害児施設とは、主に知能指数が70以下の知的障害のある18歳未満の児童を対象とした、入所型の施設です。   保護者がいない児童や家庭での適切な養育が難しい児童を保護して、自立させるための学習を集中的に行うため、入所型の施設が... 続きはこちら

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容