保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の苦労、人間関係が最も多い?

保育士とは、子どもが成長する過程に関わり、子どものために様々な企画運営を行い、やりがいがある仕事として人気があります。   一方で、子どもの背景にはその親が存在しており、様々な苦労があるのが現状となります。   また、少子高齢化に伴い、一家庭の子どもの数は減少し、過保護と言っても... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士が保護者と上手にかかわる方法

保育士にとって、一番大変なこととは、保護者と関わることではないでしょうか。   「子どもは可愛く、いつまでもそばにいたい」そう考える保育士は多いと思います。   しかし、保護者との関わりによって、保育士として働き続けることが困難となる保育士も多く、保護者とのかかわり方で人生が大き... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

高校卒業後に保育士として働く際の注意点

高校卒業後すぐに保育士として働きたいと考えている場合、無資格で働くことになります。   保育士の免許を取得する場合には、一定時間の講義および実習が必要となり、高校卒業と同時に資格を取得することはできません。   そのため、高校卒業後に保育士として働く場合には、保育士の免許取得に向... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

0歳児クラスの保育士の仕事とは?1日のスケジュールや注意点について

  0歳児クラスで働く保育士は他のクラスに比べて、注意しないといけない点などが多く、見守りも必要だとされています。   神経も使うと言われていますが、実際の仕事内容としてはどのようなものがあるのでしょうか。   ある0歳児クラスで働く保育士の1日のスケジュール 7:0... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士の育児休暇は取りやすいの? その実態と育休を視野に入れた転職活動について

  育児休暇はいつ取れるのか 育児休暇は、育児介護休業法に定められている働くお母さんにとって必要な休暇のことです。   その法律によると、「労働者は申し出ることにより、子が1歳に達するまでの間、育児休業をすることができる」   と定められていて、その働き方や条件によっ... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士の産休について 産休が取得しやすい職場の特徴とは?

  一般的な産休のルールとは 産休とは、正式名称で産前産後休暇といい、労働基準法65条で定められている働く女性の為のルールです。   その内容は、その名の通り出産のための休暇のことで、期間は産前は6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後は8週間を最低限とする休暇期間となります。... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士は有給休暇が取りにくい? 計画的に有給休暇を取る方法とは

保育士として働いている人の中には有給休暇がとりにくいという不満を抱えている人も多くいます。   これは保育士の仕事にスタイルが影響しています。   保育士は子供を保育する仕事、すなわち人の命を守る仕事といっても過言ではありません。その為、休暇がとりにくいのです。   ... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士は残業が多いの? 公表されている平均残業時間と実態を紹介

  厚生労働省が発表している保育士の残業時間は1か月で4時間です。   但し書きとして、   「超過労働時間とは事業所の就業規則などで定められた所定労働日における始業時刻から終業時刻までの時間以外に実際に労働した時間数及び所定休日において実際に労働し た時間数のことで... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士の仕事・年間行事やイベントの内容を紹介します

  保育士として働いていると多くの四季を感じる事が出来ます。これは保育士の仕事の年間行事が影響しています。 四季を感じる保育 日本の保育施設は、基本的に4月に始まり3月に終わります。その中で春、夏、秋、冬と季節を過ごすのです。   春には入園式や進級式、夏にはプール開きやお泊り... 続きはこちら

 

保育士の仕事について

保育士の仕事の一日の流れは?

  保育士のおおまかな仕事の流れを紹介します。   保育施設によっては延長保育や早朝保育など勤務時間が長いのでシフト制がとられている場合も多いですが、1日の流れは以下のようになります。   保育園開園前の準備 まず、子供が来る前に出勤をし保育施設の掃除や換気を行い子供... 続きはこちら

 

保育士の仕事について