保育士の資格を取得するには? 大学・専門学校・短大・独学について解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の資格を取得するには? 大学・専門学校・短大・独学について解説

ID:an9wyq
保育士の資格

 

保育士は主に3通りの資格の取得方法があります。

 

大学で取得する方法、短大や専門学校で取得する方法、通信や独学で保育士試験に合格する方法です。

 

それぞれメリットやデメリットがありますので、保育士を目指す方は自分のライフスタイルなどに合わせて取得しています。

 

大学で保育士資格を取得する方法

大学で保育士の養成課程の単位を取得し、卒業をすることで保育士の資格が取得できます。

 

一番のメリットとしては、保育士の関連資格が取得できるという点です。

 

保育士以外にも子供と関わる仕事は大変多くありますので、就職などを考えると保育士以外の資格も取得することが非常に大きなメリットとなります。

 

取得できる資格としては、

 

  • 幼稚園教諭 … 幼稚園で働くために必要な資格です。
  • 小学校教諭 … 小学校で働くために必要な資格です。公務員ですので、人気のある資格です。
  • 社会福祉士 … 社会福祉士は福祉系全般で働くことができますので、就職の幅は非常に広がります。

 

などがあります。

 

幼稚園教諭・小学校教諭は単位さえしっかりと取得していれば、卒業と同時に資格が取得でき、社会福祉士は国家資格の受験資格をもらえるので、卒業する頃には保育士を含む資格を取得している人も多くいます。

 

他のメリットとしては、保育の道以外でも就職を考えられるということです。

 

専門学校では保育士以外の求人はほとんどありませんし、他の職種に就職をすれば高卒扱いになってしまいます。

 

大学の4年間の間で保育士は向いていない、他の仕事に興味が出てきたと思っても、大卒としていろんな企業に就職することができます。

 

これは意外と大きなメリットで、保育士の単位を取得する際に実習がありますが、この実習で「やっぱり自分には向いていない」と思う人は意外と多くいるようです。

 

また、反対に4年間もありますので、保育関係の勉強をする時間はたくさんありますので、より知識を深めたり、様々な場所にボランティアやアルバイトとして社会経験を積むことができます。

 

デメリットとしては他の取得方法に比べても費用がかかります。短大や専門学校が2年ですので、単純計算で倍はかかります。

 

保育士はあまり給与の良い業界ではありませんので、資格取得の際にできるだけコストを落としたいと考える人にはデメリットだといえます。

 

他には資格取得に4年間もかかるということ、高卒以外の主婦や社会人などは通いにくい、同級生が少ないといったデメリットがあります。

 

短大や専門学校で保育士資格を取得する方法

短大や専門学校で取得する最大のメリットは、資格取得までの期間が短いということです。また国家試験も受ける必要がありませんので、確実に短期間で取得することができます。

 

また、短大によっては幼稚園教諭などの関連資格を取得することができる場合もあります。
さらに、専門学校では保育を専門に勉強しますので、就職率が高いこと・短大では他の業種にも就職できることが挙げられます。

 

デメリットとしては、大学などに比べてカリキュラムが詰め込まれていますので、非常に忙しく多忙な学生生活を送ることになります。

 

また、学習期間が短いですので大学などに比べてもゆっくりと勉強、知識を得ていくことは難しいでしょう。

 

通信や独学で保育士試験に合格する方法

通信教育で保育士の単位を取得して、保育士の国家試験を受けて保育士になる人も多いです。

 

通信教育では時間の融通や働きながら通うこともできますので、主婦の方や社会人の方にも人気です。また、勉強のペースを自分で調整しながら行うことができますので、知識を深めたりすることも可能です。

 

デメリットとしては、保育士の国家試験を受けないといけないということです。

 

保育士の保育士の国家試験は筆記ののちに、実技があります。合格率は近年では20パーセントを切るぐらいの狭き門になっています。不合格になればもちろん資格は取得できません。

 

学習にかかる費用は大学や専門学校に比べて安く済ませることができますが、それらの費用を使って試験に挑んでも資格取得できない可能性があるというのは一番のデメリットだといえます。

 

 

保育士の資格について

この記事に関連する記事一覧