保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

21歳女性保育士の転職体験談 | 私立保育園から公立保育園の正社員へ

別の保育園に転職した保育士

【転職者のプロフィール】

性別: 女性
年齢: 21歳
住所: 兵庫県
転職前の保育園について: 私立保育園
転職後の保育園について: 公立保育園
転職後の雇用形態: 正社員から正社員

 

① 前の保育園を辞めて新しい保育園に転職しようと思った理由は何ですか?

ズバリ、人間関係が悪かったからです。イジメが凄まじかったです。

 

当時私は短大を卒業したてでした。憧れていた保育士になれて毎日一生懸命に仕事に挑んでいましたし、遅刻もしなければミスもあまりせず、先輩先生方にも失礼などした覚えはないのですが、ひどい中傷を受けたり、若さに対する僻みなど、複数人数から虐められ、ご飯も喉を通らなくなってしまいました。

 

女性がメインの職場ではよくあることかもしれませんが、人を育てる立場にある人がこんな気持ちで子供と接しているのかと思うと、子供たちが気の毒で、そしてなにか自分までその表情や暗い雰囲気がうつってしまうような気がして怖くなったのを覚えています。

 

② どのような転職活動をしましたか?(苦労した点や工夫した事なども)

元々、公立保育園を志望していたので、一念発起して、勉強に挑みました。

 

毎日自分で時間割りを立てて、人生で一番勉強したと思います。

 

前の職場は1年目の途中まで耐えましたがこのままだと鬱になると言われ辞め、約半年勉強に励んだので時間はたくさんありました。

 

ラッキーな事にその次の採用試験で合格し、あまりブランクを長くあける事なく念願の公立保育園に就職することができました。

 

③ 履歴書に書いた志望動機や自己PRを教えてください

生をかけて人の人生に関わる保育という仕事を究めていきたいということを書きました。そして、大学時代より培ってきた自分なりの保育の観点を小さな字で沢山書きました。

 

私は子供を伸び伸びと育ててあげたかったので、その事について沢山書きました。また、前の職場でのことを必ず聞かれると思っていたので、事前に応募書類に、やはり志望していた公立保育園でのキャリアを忘れられず、一念発起して勉強に励むため辞職したことも書きました。

 

また、私は学生時代からコミュニケーションについても個人的に学んでいた為、うまく人とコミュニケーションをとれない子供や人付き合いの学びを子供目線で一緒になって考えることができるとPRしました。

 

④ 面接ではどのような質問をされましたか?またその回答も教えてください

様々な質問がありました。まず、少子高齢化社会についての考えを聞かれ、私たち保育士が安心して子育てができるようお母さん方のお手伝いをし、安心して子供を預けられる環境をつくり、またお母さん自身の相談にも気軽に乗らせていただけるような環境作りが大切だと話しました。

 

転職についてやはり聞かれましたが、学生時代から公立保育園に就職したいと考えていたこと、前職で学んだこと、人生をかけてこの仕事をつきつめていきたいので、安心して働ける環境を選びたいと話しました。

 

保育に関して気をつけていることや、同僚とどのように付き合うか、10年後の自分像などもきかれました。

 

保育に関しては子供目線で物事をみること、安全第一をモットーにしていることを話しました。

 

同僚とは保育に関する話をして自分の視野を広げたり、先輩方の知識を吸収してよりよい保育士になっていきたいこと、10年後には自分自身も子供を持ち、仕事は続けていきたいが子供を持つことでより深い保育ができるのではないかと話しました。

 

保育士転職サイト比較

 

 

別の保育園に転職した保育士の体験談

この記事に関連する記事一覧