27歳女性保育士の転職体験談 | 公立保育園から私立保育園の正社員へ転職

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

27歳女性保育士の転職体験談 | 公立保育園から私立保育園の正社員へ

別の保育園に転職した保育士

【転職者のプロフィール】

性別: 女性
年齢: 27歳
住所: 栃木県宇都宮市
転職前の保育園について: 公立保育園
転職後の保育園について: 私立保育園
転職後の雇用形態: 正社員

 

① 前の保育園を辞めて新しい保育園に転職しようと思った理由は何ですか?

前の保育園から転職しようと考えたのは、やはり保育士によくある人間関係のもつれでした。

 

入社当初は、ほかの職員は皆親切でしたが、勤務しだし時間を追うごとに性格が表れて、保育園内の人間関係がとてもよくないのがわかりました。

 

最初は公立保育園なので、給与面での待遇がとてもよかったのですが、あまりにもひどい人間関係が嫌で転職を決意しました。先輩方の嫌がらせや同僚同士のいざこざが毎日あり、精神的に耐えられなくなったからです。

 

保育園側は見てみぬふり、われ関せずといった対応がとても冷酷に思えました。

 

② どのような転職活動をしましたか?(苦労した点や工夫した事なども)

インターネットで求人を探したり、ハローワークにも通いました。

 

苦労した点はやはり、公立保育園からの転職理由を考える事でした。

 

人間関係が良くなかった事を素直に言ったら納得してもらえましたが、あまりネガティブな愚痴にならないよう、表現には気を遣いました。

 

③ 履歴書に書いた志望動機や自己PRを教えてください

履歴書に書いた志望動機や自己PRとしては、まずは子供が大好きで、小さなころから保育園の先生を目指したいという夢があったということ。そしてその夢をかなえ、前の保育園で経験したこと、努力してきたこと、子供とかかわりを持つことで自分が保育士として経験した良いことや自分のためになったことをアピールしました。

 

子供目線で物を考る重要さ、また子供たちにどうやって接したか、どのような教育方針を持っていたかを最大限にPRしました。

 

また私は保育士だけでなくチャイルドマインダーの資格ももっているので、その辺もアピールしました。

 

子供の成長が自分を成長させてくれるので、保育士という仕事が大好きという事もアピールしました。

 

④ 面接ではどのような質問をされましたか?またその回答も教えてください

面接では当然のことながら、転職の理由を聞かれました。なぜそんなに待遇の良い公立保育園を転職しようと思ったのかということが一番気になったようです。

 

私の場合、人間関係のもつれが原因なのでマイナス印象にならないか心配していましたが、思い切ってその質問には正直に答えました。すると意外なことに納得していただいた様子でした。

 

またなぜ保育士を志願したのかという質問も受けました。

 

最近ではモンスターペアレンツが多く、保育士の対応も複雑化していますが、実例を挙げられモンスターペアレンツに遭遇した場合のあなたの対処法を教えてくださいという質問もありました。

 

面接官は3名で人間性や身だしなみ、ふるまい方などをチェックしていました。

 

保育士転職サイト比較

 

 

別の保育園に転職した保育士の体験談

この記事に関連する記事一覧