美容室での保育士の役割・仕事内容

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

美容室での保育士の役割・仕事内容と求人の探し方について

美容室の保育士

 

美容室業界の新たなサービス

最近では美容室に保育士がいることが増えてきています。その仕事内容は、施術を受けにきた親の代わりに子供を数時間預かるということです。

 

生活習慣などの指導をするというよりは、親が安心してそこでの時間を過ごし、ゆったりとした時間を過ごせるよう子供の面倒をみるという役割があります。

 

特に女性にとって美容室での時間は癒しを感じる人も多くいます。

 

幼い子供は目が離せないことが多く、日頃からつきっきりである場合が多いです。そういった女性に癒しを感じリフレッシュしてもらおうという取り組みが保育士の存在です。

 

全国の美容室の数は、コンビニよりも圧倒的に多く20万施設を超えています。その為、競争が非常に激しくどの美容室も定期的に通ってくれる顧客の確保に力をいれています。

 

こういった保育士や保育スペースの設置は、ライバル店との戦いに非常にメリットがあります。

 

保育士に子供を預ける場合も施術を受けるのであれば一般的には無料の場合がほとんどで、施術にかかる費用のみで子供を見てもらうことができ親にとって非常に便利なサービスです。

保育士の役割

美容室内に保育士がいる場合、保育所のような施設があるというよりは室内の一部に保育スペースがある、もしくは奥の一室を保育室として利用する場合が多いです。

 

もちろん、無認可保育施設という扱いなので設備等が完全に整っているわけではないでしょう。

 

しかし、そこでの施術時間は長くても数時間です。数時間を快適に過ごせる環境は整えられています。

 

ここで働く保育士は、子供と楽しく過ごし、安全に見守ることはもちろん施術中の親に安心感を与える必要があります。

 

一部の美容室では、キッズルームにモニターを設置し元気に遊びまわる子供の様子をいつでも把握することができるようにしたり、親が望むのであれば子供を施術室に連れて行ってコミュニケーションをとらせたりします。

 

そのように、子供と親にとって快適な時間を過ごしてもらう役割を保育士は担います。

 

美容室の保育士求人の探し方

託児所を併設する美容室が増えてきてはいますが、まだまだその数は多くないので一般的な保育園に比べたらその求人数は遥かに少なくなってしまいます。

 

最近では託児所を併設している店舗の情報を検索するサイトがあるので、そこからお店に直接連絡するという方法もありますが、やはりかなり手間はかかりますね。

 

まずは保育士専門の転職サイトに登録してみるのがいいでしょう。

 

数万件の非公開求人を抱えるサービスも多く、希望の条件を事前に伝えておけば探して紹介してもらうことができます。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

この記事に関連する記事一覧