病棟保育士の求人と仕事内容

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

病棟保育士の求人と仕事内容

病棟保育士

 

病棟保育士とはどんな保育士なのか

病棟保育士とは、その名の通り病院の病棟、つまり入院患者がいる場所で働く保育士のことで、入院中の子供の保育をする人のことをいいます。

 

病棟保育士になりたい場合、通常の保育士の資格が必ず必要です。現在は、保育士の資格のみでなることができます。

 

病棟保育士とはいっても医療系の資格などその他の資格は必要ありません。しかし重度の子供と接する機会もある為、今後法改正や制度改正がされる可能性があります。

 

もちろん、仕事内容は看護や医療ではなく保育ですが、病気の知識がないと日常行動や緊急時の対応が遅くなってしまう可能性があるからです。

 

病棟保育士を目指す人は、病気に対する知識習得に対しても意欲的である必要があるといえます。

 

昨今希望する人も増えてきている職種ですが、小児科を有する病院も減少してきているため病棟保育士を採用している病院も多くはありません。

 

また、保育士ではなく看護師がそのような役割をしている病院もあります。その為、求人は非常に少なく志願している人からすれば、狭き門だといえるでしょう。

 

さらに、現場が求める保育士像も非常に高い場合が多いです。

 

というのも、体調の急変や、子供や友だちの死など普通の保育所で働く保育士だと出会わない場面にも多くぶつかります。そういった場合でも十分な対応ができる保育士を求められます。

 

求人数の少なさだけでなく、求められる仕事の力量の高さもあり、求人倍率は非常に高くなっています。

 

病棟保育士の魅力と仕事内容

しかし、病棟保育士の仕事内容は非常にやりがいがあります。

 

早く病気を治して通常通りの生活をする為に頑張っている子供達に対して、同世代の子供が受けているものと同等の保育や教育を受けてもらうことはもちろんのこと、病気と闘いながら入院中という環境での負担を少しでも軽減し子供の笑顔を取り戻し維持するという重要な役割があります。

 

その仕事内容は、遊びの提供、生活習慣の指導、心のケア、家族の支援などがあります。

 

特に、遊びの提供においては工夫をする必要があります。保育室が設けられてある場合は保育所と同様であると考えても大丈夫ですが、保育室や近場の公園などがない場合もあります。

 

また、保育室まで動いてこれない子供に対しては病室内を回って適切なケアをする必要があります。

 

病気を抱える子供それぞれに症状が異なり、できることや医者にやっていいと認められていることが大きく異なるので、子供の状態を把握しできる範囲で保育やケアに努める必要があります。

 

病棟保育士の求人

病棟保育士の求人は、滅多に出ません。その為病棟保育士ではなく、他の保育士として実績を積みながら求人を待つ方がベターであるといえるでしょう。

また、求人サイトなどに求人情報がオープンになる機会が少ないです。

 

非公開求人をたくさん抱えているサイトに登録してみましょう。

 

心から病棟保育士を望むのであれば、小児科に力をいれている大病院に自身で問い合わせをするような行動力も大切です。

 

狭き門である病棟保育士になる為には、自ら行動することも必要になってきます。

 

保育士専門の転職サイトに登録してみよう

病棟保育士の求人はあまり表に出てきませんが、非公開求人をたくさん持っている保育士専門の転職サイトに登録すれば見つかる可能性が高いです。

 

担当者が希望条件等も細かく聞いてくれるので、ぜひ利用してみましょう。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

この記事に関連する記事一覧