知的障害児施設での保育士の役割・仕事内容と求人について解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

知的障害児施設での保育士の役割・仕事内容と求人について

知的障害児施設での保育士の役割

 

知的障害児施設とはどんな施設?

 

知的障害児施設とは、主に知能指数が70以下の知的障害のある18歳未満の児童を対象とした、入所型の施設です。

 

保護者がいない児童や家庭での適切な養育が難しい児童を保護して、自立させるための学習を集中的に行うため、入所型の施設が大半を占めています。

 

その為知能指数が低い事以外は児童養護施設に似ている部分もあります。

 

しかし成人施設の整備の遅れなどのため、18歳以上になってもそのまま施設に残る障害者が増えてきていて、福祉環境の整備が問題になっているのが現状です。

 

知的障害児施設ではいろいろな専門知識をもった人が働いています。

 

社会福祉士やヘルパー、栄養士や調理師、看護師や医者がいる場合もあり、その中で保育士も仕事をしています。

 

こういった施設では、法律で保育士の設置義務があり、児童を保育するプロとして重要な役割をもっています。

 

そして各々の専門知識を共有し、入所している児童に対するケアを行っているのです。

 

知的障害児施設での保育士の役割

ここでの保育士の仕事内容は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、基本的生活習慣、つまり食事や排泄、挨拶、着替えなどの知識習得をめざした指導です。

 

この施設には10代になっても知能レベルが低く幼児のような行動をしてしまう人も沢山います。

 

そういった人たちの援助をしながら、保育指導を行う役割があります。

 

生活指導では、自分で食事を取れなかったり、好き嫌いが多くて食事が進まない利用者の食事のサポートを行います。

 

また、排泄の際も、トイレまで利用者に付き添いサポートします。

 

在宅の福祉サービスが充実してきている近年では、施設に入所するのはより障害が重度の人が多くみられます。

 

その場合利用期間も長期に渡るため、より生活に近い部分を支援する形となります。

 

保育士の仕事内容の2つ目は、遊びや学習、あるいは労働といった活動を通じて人間形成を図ることです。

 

これは保育士の役割の醍醐味といえる部分でもあります。

 

人間として生きていく上で集団での行動やルールの理解は絶対に必要です。

 

他人と十分にコミュニケーションをとれるだけで集団行動は楽に行えるようになるし、人としてできることが増えていきます。

 

社会に出るということは集団で生活をするということです。

 

そのため、知的障害児施設では保育士をはじめとする職員が、児童の社会的自立という最終目標に近づけるよういろいろな活動を通じて人間形成を図るのです。

 

知的障害と抱えている児童にとって、通常の保育所と同じ活動をしても理解できないことがたくさんあります。

 

児童のレベルに応じて、こういった活動内容を工夫するのも保育士の役割の一つです。

 

知的障害児施設では、様々な度合の障害をもつ子供がいます。

 

入所タイプの施設は重度の子供が多いですが、社会で生きていくという目標の為に保育士の専門知識が必要となってきます。

 

知的障害児施設の保育士求人について

知的障害児施設で働く保育士は現場で働く専門職としては、中心的な役割を担っています。

 

また、知的障害児施設は現在増加傾向にあり毎年5パーセントずつ増えていっています。その為、求人を探すことはあまり困らないかと思います。

 

しかし、施設によって給与の差や、保育士の立ち位置、休みが多い少ないなど、保育士の待遇が随分違いますので、専門の転職サイトに登録をしてコンサルタントからきちんと話を聞いてから転職することをおすすめします。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

この記事に関連する記事一覧