児童自立支援施設での保育士の役割・仕事内容

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

児童自立支援施設での保育士の役割・仕事内容と求人の探し方について

児童自立支援施設と保育士

 

児童自立支援施設に入所する児童

児童自立支援施設とは、窃盗や傷害、家出、薬物乱用、性的非行などの不良行為を行なう児童や、行なう恐れのある児童、

 

また、不登校や引きこもり、虐待を受けた児童など、過ちを犯したり辛い経験をしたことによって

 

通常通り生活をしていたままだと誤った大人になってしまったり、十分な生活ができないであろう児童の自立を支援する役割がある施設です。

 

対象年齢は大体小学生から原則18歳までで、必要に応じて20歳まで延長ができます。

 

しかし、多くの場合は義務教育を終えるタイミングか高校を卒業するタイミングで職につきこの施設から離れていきます。

 

この施設は、敷地内に寮と学校があり、児童は共同で寮で生活をしながら授業を受けます。

 

ほとんどの児童は、指導を受け1年程度でここから去っていきます。その為児童の入れ替わりも非常に多いのが特徴です。

 

児童生活支援員とは

児童自立支援施設には、児童養護法で保育士の資格を持つ人がなることができる児童生活支援員の設置が義務づけられています。

 

その為、多くの児童自立支援施設には保育士の有資格者がいます。

 

この児童生活支援員の仕事内容は、主に生活指導です。その内容は、言動、態度、集団行動などの指導、食事マナーや服装のチェック、健康管理、家庭や児童相談所とのやりとりなどです。

 

またここに入所する子供たちは何らかの心の闇を抱えているケースが多く、そういった部分のケアも重要な仕事内容のひとつです。

 

児童生活支援員の仕事内容

児童自立支援施設の指導内容の柱は、生活指導、学習指導、作業指導の3点です。

 

生活指導は保育士資格をもつ児童生活支援員が担当します。

 

学習指導はその名の通り、その年代にあった知能を習得することはもちろん、勉強をすることや勉強に関する習慣を身につけさせることにあります。

 

学校にきちんと通うこと、宿題をすること、そういった習慣を身に付けさせる必要があり、寮内でも勉強は児童生活支援員が面倒を見る場合もあります。

 

また、作業指導とはわかりやすくいえばお手伝いのことです。草むしりや掃除、洗濯などがこれにあたります。

 

入所したばかりの児童の多くはしんどい作業をさぼりがちです。ですが、時に厳しく時に優しく作業指導を行うことで児童のこころを鍛える訓練となります。

 

また必要な場合には就業支援も行います。

 

こういった日常的な支援を行い、保育士の有資格者は生活指導を中心として、学習指導や作業指導も支えるという仕事内容を日々遂行します。

 

また、児童自立支援施設には保育士のほかにも様々な専門知識を持つ人が存在します。

 

カウンセラーやヘルパー、栄養士などがそれぞれの役割を発揮して児童の指導にあたります。

 

そういった人たちとの連携をとることも重要な役割のひとつです。

 

このように保育士の資格を持っているとはいえ、一般的な保育所で働くのとは大きく違う仕事内容であることがわかります。

 

それでも、保育士の知識はこういった施設でも重宝され重要な役割を果たすことがわかります。

 

児童自立支援施設の保育士求人の探し方

児童自立支援施設そのものが、各都道府県と政令指定都市に一か所ずつ設置されている程度なので、採用枠は極めて少ないのが現状です。

 

児童生活支援員自体が全国に300人未満しかおらず、その中でも保育士となると、採用枠がかなり限られてしまいます。

 

まずは、保育士専門の求人サービスに登録して、担当者に求人が出ていないか確認してもらいましょう。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

また必要に応じて、自ら児童自立支援施設に問い合わせを行う行動力も大切になります。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

この記事に関連する記事一覧