企業・事業所内保育士の求人と仕事内容

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

企業・事業所内保育士の求人と仕事内容

企業内保育士

 

新たな保育所の形

働く女性の増加に伴い、昨今増えているのが企業・事業所内保育士です。

 

これは働く女性がいる企業や事務所内、もしくは企業や事務所に併設という形で保育所があり、親が出勤前に子供を預け、退勤後に子供を保育所に迎えに行き一緒に帰宅するシステムをもつ保育所で働く保育士のことです。

 

働く親にとって、通勤と同時に子供を預ける事ができ仕事にかけることができる時間が増えたり、子供に体調不良が発生してもすぐ見に行くことができたり、ランチを子供と一緒にとることができたりメリットが非常に高いものです。

 

企業内保育所で働く保育士のメリットとデメリット

保育士側からみても、もちろんメリットはあります。保育士として十分な役割を果たせるうえに、その企業に属した雇用体系をとっている場合が多く通常の保育士より福利厚生が充実している場合が多くあります。

 

企業に直接雇用されている場合だと、給与、有給、勤務時間等は全てその企業の基準に準じることになります。

 

そもそも企業内保育施設は、企業側が働く女性に対して福利厚生の観点や社会復帰の応援という観点から設置しているものなので、保育士に対する労働環境もきちんと整えられている場合が多いです。

 

そういった点は求人を見て十分に確認してみてください。

 

逆にデメリットは認可外であるということです。

 

仕事内容は一般の保育所で働く保育士と大きく大差はないですが、認可外保育施設であるため人数の規定や仕事量の調整などの義務はありません。その為、一人当たりの仕事量が多い場合もあります。

 

企業・事業所内保育士の仕事内容

では、企業・事業所内保育士の実際の仕事内容はどういったものかというと、一般的な保育所の仕事内容と大きな大差はありません。

 

しかし、認可外である以上十分な設備が整っていない場合もあり、工夫を求められる場合が多くあることもあります。

 

例えば、一般的な保育所だと庭園等が用意されていて外で走り回ることができますが、企業内保育所だと庭園がない場合も多いと言われています。

 

いかに安全に外で遊ばせるかなど、工夫と知恵を求められることも多々あります。

 

また、企業や事務所との連携も必要になってきます。

 

どういう制度を設けているかは施設によって異なりますが、親の休憩時間と子供の自由時間を合わせていつでも交流できるようにしたり、企業や事務所、さらには親との連携をとることも重要な役割です。

 

企業・事業所内保育士の求人の探し方

企業・事業所内保育士を目指す際、企業や事務所と直接雇用なのか、派遣や企業内保育をプロデュースする会社に保育士として就職し、出向するといった別の会社で雇用されるのかを確認する必要があります。

 

求人の多くは、保育士専門の求人サイトで募集をしているので定期的に探してみましょう。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

働く女性にとって大きな役割をする反面、企業や事務所にとってはコストがかかることなので採用している企業はまだまだ少なく、求人数も少ないでしょう。

 

どうしても企業・事業所内保育士にこだわるのであれば、求人サイトのみならず企業や事務所、企業内保育をプロデュースする会社に直接問い合わせてみるのも重要です。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

この記事に関連する記事一覧