助産施設での保育士の役割・仕事内容と求人について解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

助産施設での保育士の役割・仕事内容と求人について

助産施設と保育士

 

助産施設の対象とは

助産施設とは、その名の通り出産を助けるための施設です。

 

異常分娩のおそれがあるなど、入院しての助産を受けることが必要な妊産婦の中でも、生活保護受給世帯、市区町村民税非課税世帯など所得が一定以下で、入院費用や出産費用を支払うことができない家庭に対し支援するための施設です。

 

主に産科病院や助産所などの病院が助産施設として指定されています。

 

助産施設は決して無料というわけではなく、所得に応じた費用で助産を受ける事ができます。

 

経済的な困窮などで通常の出産が難しい場合、所得に応じて格安な費用で出産に臨む事ができるのです。

 

助産施設と保育士

その助産施設でも保育士を採用する例が近年では増加しています。

 

一般的に想像する保育士の仕事内容とは大きく異なるかもしれませんが、子育てのプロとして助産施設で活躍することができるのです。

 

保育士が助産施設で採用されている理由は、メディアでも近年多くとりあげられている産婦人科医や助産師の不足が背景にあります。

 

特に、地方ではそういった専門医が急速に不足しており負担も増加しています。

 

これらの専門医は、出産の手伝いをするだけでなく、産前産後の妊婦や乳児のケアなどデリケートな時期の女性にとって重要な役割を果た します。

 

ひとりひとりにしっかりとしたケアをするために人員確保は非常に重要で、その為、十分な対応が必要で医療が伴わないオムツ交換やミルクの世話といった乳児の世話などを保育士に任せる施設も増えてきているのです。

 

助産施設での保育士の役割

助産施設での保育士の役割は乳児の基本的な世話だけではありません。

 

看護師と協力して、母親に対し育児指導をすることもあります。

 

また保育士として、長い目でみた子育てのアドバイスをすることができます。

 

産後の母親は喜びとともに不安もつきものです。出産のプロである助産師や産婦人科で働く看護師と子育てのプロである保育士がタッグを組んで、出産を控えた、あるいは出産後の母親のケアを行うことができ、妊婦にも安心感を与える事ができるのです。

 

また助産施設として認定されている産婦人科には多くの母親が訪れます。

 

中には第二子、第三子である場合もあります。

 

診察時にじっとしていられない年代の子供や、妊娠中でお腹が大きく大変なのに他の兄弟の面倒を見ている母親も沢山訪れます。

 

診察中のそういった期間だけでも、保育士として子供を見ておくことができるサービスを取り入れている施設もあります。

 

産婦人科に保育サービスをとりいれることで妊婦が安心して訪れる事ができ、人気のサービスとなっています。

 

これらの仕事内容は各施設によって取り入れ方が変わってきますが、現場の看護師と保育士で協力をして対処することになります。

 

実際に、保育士を助産施設で取り入れている例は沢山あるわけではありませんが、時代背景も含め医療処置はできない保育士が重要な役割を果たしている事がわかります。

 

ただ、保育士とはいえ医療機関という場所で働くため高いレベルでの仕事が求められます。

 

助産施設の保育士求人について

助産施設は全国で約400か所あります。その多くが病院に併設されている、または病院の中にあるという施設が大半でありますが、施設の規模としては、基本的に10床以上は作ってはいけないことになっていますので、2人もしくは3人の保育士が一つの施設で働いているような状態です。

 

その為、あまり求人の数としては多くはありません。空きが出れば求人が出るようなイメージになります。

 

ハローワークなどでも時々見ますが、数は少ないです。

 

保育士専門の転職サイトでも求人数自体は少ないといえますが、希望条件等を事前に伝えておけば、条件に合う施設の求人が出た際にすぐに知らせてくれます。

 

登録から利用まで全て無料ですし、担当のコンサルタントから職場の雰囲気を聞いたり、様々な条件交渉をしてもらったりできるので、登録だけでもしておくことをおすすめします。

 
当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士が働く施設の種類と仕事内容

この記事に関連する記事一覧