保育士の配置基準とは?年齢別の違いや配置基準の見直しについて解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の配置基準とは?年齢別の違いや配置基準の見直しについて

保育士の配置基準

 

保育園などには国で決められた保育士の配置基準というものがあります。

 

適切に保育をする為に、子どもの安全を守るために配置基準が決められており、それは年齢によっても違いますし、認可保育園、無認可保育園でも違います。

 

年齢によって保育士の配置基準が違う

保育園では0歳から5歳までの幼児が通っていますが、年齢層によって配置基準が違います。

 

基本的に年齢が上がれば上がるほど、保育士のはい基準は少なくなると思っておきましょう。

 

・0歳児

0歳児の場合は保育士1人につき3名までの子供をみることができます。

0歳児は目が離すことができない、オムツ交換などの手がかかりますので、手厚く配置されます。また、事故などを防止するためにも多く配置されています。

 

・1歳と2歳児

1歳と2歳児の場合は保育士1人につき子供が6名までです。

歩き始めるのもこの頃の年齢です。様々なものに興味を持ったり、事故が多いのもこの年代なので多めの配置基準とされています。

 

・3歳児

3歳児になりますと、一気に配置基準が緩くなって、20人で一人の保育士とされています。

これは非常に問題視、改善案が出されているものであり、20人を1人の保育士がみることは不可能だとされており、多くの保育園では配置基準以上の保育士を配置しています。

実際に2歳児と3歳児は子供によって成長の過程も違いますし、差が大きいですので保育士からしてみれば配置基準がこれだけ変わることによって戸惑いも多いようです。

 

・4歳児と5歳児

この年齢になりますと、身の周りの事はほとんど自分でできるようになりますので保育士の配置基準としては、一番ゆるい30名につき保育士1名という基準になっています。

しかし、実際は30名の児童を1人で見るのは難しく、こちらも基準の1.5倍から多い所で2倍を配置しています。

 

 

無認可保育園の配置基準について

無認可保育園では独自の基準で運営をしていますので、基本的に国が定める基準は適用されません。

 

その為、無認可保育園の多くのところでは基準以下の保育士を配置していることがあります。

 

子どもを預ける両親としては、子どもの安全のために認可の保育園が良いが、待機児童でなかなか入る事が出来ない為、仕方なく安全が乏しいと思われる無認可に入れていることもあります。

 

しかし、無認可保育園でも認可保育園以上に保育士を配置しているところもありますので、一概に無認可保育園の配置基準が悪いとは言い切れない部分もあります。

 

国が定めていない認可保育園の場合

国が定めていない認可保育園というものがあります。

 

これは国の基準では無く市町村などの自治体によって認可を受けた保育園で、その自治体が定めた配置基準で運営をしています。

 

自治体が定めている場合は国が定めているものよりも、0歳児の配置基準を緩く、4歳5歳の児童の基準を厳しくしている傾向にありますので、親や保育士には支持されている傾向にあります。

 

今後の保育士配置基準の見直し

この配置基準は児童福祉法が施行された時に決められたものであり、それは昭和22年のことになります。そこから一度も見直すことなく現在に至っています。

 

しかし、現在では時代に合っていないというのが現状です。

 

1歳から2歳では6名の乳児に対して、3歳では20対1の割合で急激に保育士の配置基準が少なくなります。

 

2歳と3歳では大きく子供は変化しているとは言えず、まだまだ手のかかることは多いはずです。それは4歳でも5歳でも同じです。

 

その為、毎年保育士の配置基準を見直すという案が出ていますが、なかなか法律が変わるのは難しいようです。その為、自治体の独自基準というものが出ているほどです。

 

また、無認可保育園では保育園が決めた基準で配置しているのも問題になっています。

 

今後無認可保育園についても保育士の配置基準を決める流れになる傾向にありますし、現在増えてきている家庭保育についても基準が設けられると言われています。

 

やはり時代に合った法律を作る、現場の声、利用者の声を聴いて法改正をしていくことが先決だといえます。

 

 

保育士に関する疑問・質問

この記事に関連する記事一覧