今の保育園を辞める場合、その手順や退職のタイミングはどうすれば良い?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

今の保育園を辞める場合、その手順や退職のタイミングはどうすれば良い?

今の保育園を辞める場合の手順

 

現在働いている保育園を退職する際は、職場に出来るだけ迷惑をかけずスマートに退職をしたいと思う人が多いはずです。

 

今までせっかく働いてきたのですから、手順をしっかりと踏んで、綺麗な形で退職するようにしましょう。

 

また、保育園の業界は狭いですので、変な辞め方をして迷惑をかけると、うわさが広がったり転職先が不利になる可能性がりますので、保育園業界で働くのであれば注意が必要です。

退職の手順、報告は上司から行う

退職の手順としては、まず退職の意思があることを伝えることが大切になります。まずは自分の直属の上司に相談しましょう。

 

「退職しようと思っています」「〇〇月には退職を予定しています」など、退職の意思を伝える、いつごろに退職をしようと思っているのか分かっていたらその時点で伝えるようにします。

 

よくあるのが、上司を飛ばして園長に報告をしてしまうパターンです。これでは上司の顔が立ちませんので、上司→園長と手順を踏むようにすることが大切です。

退職のタイミングは年度が変わる月

退職のタイミングとして保育園として重要視するのは、園児や家族に迷惑をかけない、混乱を与えないということです。

 

その為、クラスを受け持っている場合などはそのクラスが変わる4月になる前、3月に退職するのが一番理想的です。

 

しかし、これはあくまでも保育園側の都合ですので、相談を重ねながら退職のタイミングを決めて行くのが良いですね。

辞める日が決まっていない場合

働いている保育園の人間関係に疲れた、保育園の給料が安いなど、現在働いているところを辞めたいと思う退職の場合は、辞める日が決まっていない場合が多いかと思います。

 

辞める日が決まっていない場合は、保育園の都合にある程度合わせて退職するのが良いですね。

 

例えば、自分の代わりが入ってくるまで、3月になるまでなど、相談をして辞めるタイミングを相手に委ねるのも綺麗に辞める退職のひとつです。

退職日がある程度決まっている場合

例えば次の転職先が決まっているといった場合は、退職日が決まっているはずですので、その日まで辞めなければいけません。

 

しかし、人出が足りない、忙しい時期であるなどと中々スムーズに退職する状況でない場合もあるのではないでしょうか。

 

そんなときは、最低でも3か月前までには伝えるようにしておきましょう。3か月あれば保育園側としても準備ができますので、スムーズに引継ぎなども行うことができます。

園児や保護者への挨拶

園児や保護者への挨拶はどのようにすれば良いのでしょうか。基本的にそのあたりのことは、保育園の方針に従うようにしましょう。

 

下手に自分で判断をして、挨拶などをしてしまいますと他の保育士さんに迷惑をかけてしまうこともありますし、保護者からも問い合わせなどがある場合もあります。

 

上司や園長などとしっかりと話を行ってどうするのか方針を決めていくようにしましょう。

 

また、保育園の中には職員は一切挨拶をしないようにとの方針のところがありますが、これに従ってしまいますと、責任感のない保育士と思われがちです。

 

こういった方針を言うところは辞めていく保育士への嫌がらせ、保護者や児童には突然いなくなったと報告をする場合もありますので、もし挨拶無しで辞めるように言われた時は、「私自身の責任もありますので、きちんと挨拶をさせてください」「今後も保育士を続けようと思っておりますので、最期の挨拶だけはさせてください」と保育園側に申し出るのが良いでしょう。

保育園の世界は狭いですが、それは保護者の中でもそうです。

〇〇園の保育士さんは突然挨拶も無しで辞めてしまったなどの噂も広まりやすいですので、自分の今後のためにもできるだけ、挨拶をして辞めるようにしましょう。

 

保育士は転職や退職をする人が非常に多い職種です。そのため、現在保育士として働いている人や、今後保育士を目指している人は、自分がもし退職するときにできるだけスムーズに退職できる方法を知っておいたほうが良いですね。

 

 

保育士に関する疑問・質問

この記事に関連する記事一覧