保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士不足の原因は?保育士不足を解消するためにどんな対策が行われている?

保育士不足は非常に深刻的な問題になっていて、2017年には7万人もの保育士不足に陥るといわれています。

 

なぜそこまで保育士不足になっているのか、その原因はどのようなものがあるのでしょうか。

 

また、保育士不足を解消するためには、どのような対策が取られているのでしょうか。

保育士不足の原因

保育士は他の資格と比べても資格取得者が少ない訳ではありません、介護福祉士などに比べても取得者数は非常に多いのです。

 

しかし、それはあくまでも資格を取得しているだけであり、実際の保育士として働いている人は少ないのです。

 

保育士に関しては資格を持っていながら働いていない、潜在保育士が60万人以上いるといわれています。これは介護福祉士の潜在介護士45万人を大幅に超える数です。

 

なぜ資格を取得していながら働く人が少ないかといいますと、理由としては「業務が過酷」「それに見合った給与がない」というのが最大の原因になっています。

保育士は業務が過酷で体力的にも精神的にも追いつめられる

保育士の業務は、子供が相手ですので体力的に非常に過酷です。何十人もの子供を一度に相手にするため、毎日へとへとになりながら働くという人も多いです。

 

また、最近では家族の対応が難しくなっており、精神的に追いつめられる人も出てきています。保育園側では対処しきれない場合でも、クレームをつけてきたり、夜も見てもらいたい、土日も見てもらいたいなど無理難題を押し付けられることも少なくありません。

 

一人っ子が増えてきた今は、そういった親も増加してきて、それが原因でやめてしまう保育士の人も非常に多いのです。

保育士は賃金が非常に低く、不安定

保育士の平均的な賃金は月収20万円に満たないです。そのため、社会保険料などを抜くと月に15万円を下回る場合もありますので、一人暮らしができない、自立することができないなどといった問題が出てきています。

 

もちろん昇給はしていきますが、それもわずかなものであり、一生保育士と続けていくには厳しい現実があるようです。

 

また、許可保育園であれば問題ありませんが、無認可保育園で働く場合は、雇用状態も不安定であり、急に給与を下げられたり、パートやアルバイトに切り替わったりなど様々な弊害があるようです。

 

このように業務も過酷で待遇も良くないのであれば、保育士として働く人が少なくなるのは目に見えてわかることだといえます。それを打開するべく、国や自治体は様々な対策を講じているようです。どのような対策があるのでしょうか。

 

保育士の数を増やす

保育士は現在年に1回の試験があります。これを年に2回にすることによって受験の機会が増えて保育士の数が増えることを見込んでいます。

 

具体的には、保育士の試験を年に2回行う都道府県には国から補助金が出るというものです。また、各自治体には潜在保育士などの職場復帰を後押しする保育士の支援センターなどの設置を設けています。

 

しかし、これらはあくまでも保育士の数を増やすだけであり、現場定着の対策ではありません。

保育士の人員基準を増やす

これは既存で働く保育士を辞めさせないための対策であり、各自治体で行われています。どのようなものかといいますと、保育士の配置基準はかなり緩いものであり、保育士への負担が非常に大きいものだといわれています。

 

各自治体で保育士の基準を厳しくして、保育士一人当たりの担当数を減らすことによって現在働いている保育士の負担を減らす目的があります。

 

しかし、これを行っても、保育士不足に悩んでいる保育園にはあまり関係のない、逆効果になる可能性があるといわれています。

 

保育士不足を解消する決定的な対策はない

現在保育士不足を解消する決定的な対策はないといわれています。しかし、急務になっていることは確かであり、保育士の賃金アップ、資格を取得していない人でも保育士と同等に働けるなどといった対策が考えられていますが、まだまだ実行には遠いといえます。

 

保育士は社会全体を円滑に回していく役割がありますので、女性の社会進出のためにも保育士の環境改善が急がれます。

 

 

保育士に関する疑問・質問

この記事に関連する記事一覧