40代の保育士転職について 傾向や注意点・求人探しで考えるべきこと

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

40代の保育士転職について 傾向や注意点・求人探しで考えるべきことは?

40代で転職をするのは非常に難しいと言われていますが、保育士に関しては資格さえあれば年齢関係なく転職を行うことができることが多いです。

 

転職をするための注意点や、保育士転職の傾向、求人の際に考えたいことなどについてご紹介していきます。

 

保育士転職の傾向について

保育士の転職は様々な年代の方が行っていることが特徴的です。20代や30代など比較的若い年齢の方はもちろんですが、40代、中には50代の方もいます。

 

また、保育士は国家資格でありながら、資格取得を行いやすいことも特徴なので、40代から資格を取得して就職する、比較的高い年齢の方が新卒で就職する場合も多いのです。

 

そのため、保育士は40代からでも転職することは十分可能であると言えます。

 

最近では保育士の数が足りておらず運営に支障が出ている保育園があるほどであり、需要と供給のバランスが崩れてしまっている状態ですので、介護業界などと同じように求人は非常に多いです。

 

40代保育士の転職の注意点

求人がたくさんあるからといっても、誰でも就職できるわけではありません。特に年齢が高い方が転職をする際は様々な壁に当たることがありますので、注意をしておきましょう。

 

年齢が高い方の壁として一番に挙げられるのが、体力の壁です。保育士は子供を相手にする仕事ですので、非常に体力のいる職種だといえます。

 

そのため、雇う側としてはどうしても体力がありそうな20代や30代の保育士を採用してしまいがちです。もし転職の際に20代や30代の方が同じように面接などを受けに来ていた場合は、体力面では負けないということをアピールすることも有効です。

 

40代の方が20代30代に負けないようにするためには、培ってきた経験が武器になります。保育士は人が相手ですので、どうしても経験によって仕事の出来不出来が見えてしまいます。

 

また、保育士は慢性的な人手不足ですので、経験の浅い方よりも、経験のある即戦力に繋がる人の方がありがたかったりしますので、経験が武器になり若い方よりも採用されやすくなることもあります。

 

できるだけ経験をアピールしておくようにしましょう。

 

保育士の転職で考えたいこと

転職をするには求人を探さないといけません。求人を探すためにまず必要なのは自分がどんなところで働きたいのかということです。

 

また、自身の将来像についてもきちんと考えてから転職をすることをおすすめします。

 

40代での転職は最期の転職と考えておいた方が良いでしょう。

 

40代で就職をして10年間働いた場合は50代になってしまいますので、50代から再度転職というのは非常に体力がいることですし、もしかすると転職がうまくいかないことが多いからです。

 

そのため、転職は最期にするという心構えを持っておいた方が良いかもしれません。長く働ける職場を探しましょう。

 

求人を見る時はまず無認可保育園はお勧めできません。無認可保育園の全てが悪いというわけではありませんが、無認可保育園は認可を受けていませんので、突然倒産をしてしまう可能性もありますし、無理な人出不足によって働く側のリスクを得てしまう可能性もあります。

 

出来るだけ認可のある保育園がお勧めです。もし認可のある保育園が少ない場合は、企業の託児所などがお勧めです。

 

企業の託児所は特に都市部を中心に設けているところが多いですので、そういったところで働く方が安心して働ける、場合によっては企業の給与に準じている場合もありますので、他の就職先で働くよりも良い条件で働ける可能性も十分にあります。

 

そのため、転職をする時には幅広いところから検索をして、出来るだけ長く働けるところ、安全に働けるようなところをおすすめします。

 

保育士転職サイトを使ってみよう

40代で保育士に転職したい方は専用の転職サイトを利用してみてください。

 

履歴書の書き方から面接対策まで専任のコンサルタントが丁寧にサポートしてくれますし、あなたに合った転職先の情報を集めてくれます。

 

また、中には40代以上の方の保育士転職に強いサービスもあります。

 

登録から利用まで全て無料なので是非使ってみてください。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

40代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧