保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

幼稚園教諭が残業の少ない職場を探すための方法

幼稚園教諭ではあまり残業は多くないといわれていますが、人手が足りていないところや園によっては残業が多いことがあります。

 

また、残業をしなくても自宅で仕事をしないといけない状況にあるなどの場合は心身共に疲れてしまいます。

 

残業の少ない職場を探す方法とはどのような方法があるのでしょうか。

 

預かり保育を実施していないか

幼稚園の場合は、保育園とは違って教育が目的ですので園が開いている時間は保育園よりも短いのが特徴です。そのため、幼稚園は残業が少ないといわれています。

 

しかし、最近では保護者からの要望、両親の生活スタイルの変化に伴って幼稚園が実施している預かり保育というものをしているところがあります。

 

通常幼稚園は2時、3時頃に終了しますが、それを5時頃まで預かるところもあります。

 

そういったところではシフト制で働く人の勤務を調整していますが、時間のズレ、まだ他の職員が働いているのに帰れないというジレンマによって残業をしてしまう可能性があります。

 

しかし、預かり保育などは市町村が主体となって実施している場合がほとんどですので、必要な人員を満たしているところを対象としております。

 

あまり気にしなくても良いと言えば良いのですが、やはり長時間園児を預かることに対して抵抗がある方もいるかと思いますので避けておいた方が良いかもしれません。

 

複雑なシフトで勤務している場合

幼稚園教諭は一日の中で同じ時間に出勤して同じ時間に退勤するというところが多いのですが、一日の中にシフトを細かく定めて、少しづつずれながら出勤と退勤をしているところもあります。

 

残業傾向はシフトがずれながら出勤しているところの方が圧倒的に多いです。

 

これは、自分が帰る時間になってもまだ働いている職員がいるということ、園児がいる時間に帰ることもあるのでトラブルなどがあれば帰れないということが関係しているようです。

 

もちろん一日で同じ時間に職員が出勤退勤するところでも残業することはありますが、シフトが複雑なところの方が残業が多い傾向にあります。

 

残業について面接官に聞いてみて、反応をうかがう

面接時や見学時などに直接面接官に聞いてみると良いでしょう。

 

もちろん直接聞くのは気が引けると思うので、「(○○時(退勤時間)には帰れないとバスに間に合わないのですが大丈夫でしょうか」「小さな子供がいるので残業しにくいのですが、大丈夫でしょうか?」などといったように確認をすることがポイントです。

 

その際に返事に困っていたり、直接「それは困りますね」などという返答であれば残業が比較的多いところかもしれませんので注意しておきましょう。

 

「私たちのところは残業は一切ありませんので、その心配は必要ないですよ」というのが理想の返事ですが、実際このような返事をしてくれるところはほとんどありません。

 

また、そういった質問を就職するのは不利になると思う人もいるかと思いますが、実際に働いてから残業ができない、働きにくくなる、退職する方が幼稚園に負担をかけることになります。

 

転職サイトのコンサルタントに問い合わせてみる

転職サイトのコンサルタントは非常に多くの情報持っていますので、残業の有無、残業があるならばそれはどれぐらいの時間あるかなどを確認しておくことも大切です。

 

より正確な残業時間を把握するためには、人材紹介以外にも人材派遣も同時に行っているところがお勧めです。

 

通常の転職サイトは人材紹介の会社であり、人を紹介することを生業としており、人を幼稚園に紹介すればそれでとりあえずの仕事は終わりです。

 

そのため実際に働いている人の状況を詳しく知ることができません。

 

しかし、人材派遣会社であれば実際に働いている人の管理を転職サイトが行っていますので、リアルタイムでの残業の有無などを知っています。

 

また、転職サイトには残業無し特集などが組まれていることもありますので、是非一度覗いてみましょう。

 

 

 

 

幼稚園教諭の求人の探し方

この記事に関連する記事一覧