復職を目指す幼稚園教諭のための求人探し

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

復職を目指す幼稚園教諭のための求人探し

幼稚園教諭は女性が大半の職種ですので、結婚や出産で退職をされる方が非常に多いです。

 

子育てが落ち着けば復職という道を考えている人もいますが、実際どのようにして復職をしたら良いのかわからない場合もありますよね。

 

退職をした人が復職をするにはどのような方法があるのでしょうか?

 

現在は復職がしやすい状況

現在幼稚園教諭は人手が非常に少ない状況であるといえます。まだまだ幼稚園が必要な子供が増えている中、幼稚園教諭の確保が国の急務であるといわれています。

 

もちろん新しく幼稚園教諭を取得する人を支援することも急がれていますが、それよりも「潜在幼稚園教諭」と呼ばれる人の復帰に力を入れている傾向にあります。

 

潜在幼稚園教諭とは資格を取得していながら仕事に就いていない人のことです。

 

この方は全国で数万にものぼり、潜在幼稚園教諭が現場に戻るだけで人手不足の大部分は解消されるといわれています。

 

そのため、国や市町村などの自治体では潜在幼稚園教諭が復帰できるように支援を行っているところが多く、復職は以前に比べても行いやすくなっているといえます。

自治体が行う幼稚園教諭の復職支援

自体が行う復職支援は自治体によって違ってきますが、最近では復職セミナーというものを開催している自治体が多くなってきています。

 

目的としては幼稚園教諭の資格を持っている方のスムーズな復職です。

 

そのため、内容としては、現在の幼稚園の状況、復職するためのポイント講座、知っておいた方が良い情報などを教えてくれます。

 

幼稚園の状況はその時によって違いますので、リアルタイムの状況を伝えてくれる復職セミナーは非常にお勧めだといえます。

 

また、幼稚園や保育園と共同で開催しているところもあり、その場合は就職まで斡旋してくれるようなサービスを行っているところがあります。

 

参加費はほとんどのところでは無料ですが、実技などがある場合は低いお金ですが参加費として徴収しているところもあります。

幼稚園以外の職場での復職も考える

幼稚園教諭として復職をしたいと考えていても地域によっては難しい場合もあります。そのため、保育園や企業の託児所なども就職の範囲で考える方が良いかもしれません。

 

就職場所の幅を広げるとそれだけ求人が見つけりやすくなりますので、もし幼稚園で求人が無い場合は他の場所も考えておきましょう。

 

就職フェアに参加する

幼稚園教諭で就職先を見つけるにはハローワークや求人誌などがありますが、いちいちチェックできない、いろんな場所を見てみたいという場合には就職フェアに参加してみると良いです。

 

保育士や幼稚園教諭を対象としている就職フェアは都市部などで定期的に開催しており、多くの企業、園が参加しています。

 

もちろん経験のある中途採用でも参加ができます。

 

就職フェアの良いところとしては、一度にたくさんの企業や園と話ができるということです。

 

ほとんどの就職フェアでは企業や園ごとにブースが設けられており、自分が気になるところに話を聞きに行くという感じで進められていますので、待遇面などを比較することができますので、非常にお勧めです。

 

時間が無い方は転職サイトがお勧め

子育てや家庭の事、ご自身の事情でなかなか就職に時間を割くことができないという場合には、転職サイトが非常にお勧めです。

 

転職サイトではコンサルタントが転職をサポートしてくれますので、就職の電話、面接の日程調整などをしてくれますので、時間が無い方にはぴったりです。

 

復職の際の不安もコンサルタントがしっかりとサポートしてくれますし、現在の幼稚園の状況や知っておいた方が良い情報なども提供してくれますので安心して利用することができます。

 

また、最近では復職に対しても非常に力を入れており、復職専用のページを作っている転職サイトもありますので、是非一度お試しになることをお勧めします。

 

 

幼稚園教諭の求人の探し方

この記事に関連する記事一覧