幼稚園教諭が人間関係のよい職場を探すために必要なことは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

幼稚園教諭が人間関係のよい職場を探すために必要なことは?

幼稚園教諭で退職される方の理由で多いのは、人間関係です。

 

仕事は好き、子供も好き、それでも人間関係がうまくいかず退職したという人が多いのです。

 

そのため、できれば人間関係の良い職場で働きたいという希望を持っている人もいますし、できれば就職前に職場の雰囲気が良いのかどうか、知りたいという人もいると思います。

 

人間関係が良いのか、悪いのかはどのように判断すれば良いのでしょうか。

 

職員の入れ替わりが激しくないか、変な時期に求人を出していないか

幼稚園教諭で転職する場合、ハローワークや求人広告を参考にするかと思いますが、そこに見るたびに求人を出している、頻繁に求人を出している所は要注意です。

 

それだけ入れ替わりが激しく、慢性的に人が不足しているのです。

 

そのため、それだけ人の入れ替わりが多いのは、人間関係が悪いからかもしれません。

 

また、幼稚園は子供の学年が入れ替わる前の、1月や2月から求人を出しているところが一般的ですが、学年が入れ替わる時期ではない、4月~12月といった時期に求人を出しているところは途中でだれか退職したということですので、注意が必要です。

 

これを把握するのには転職をする際だけ求人を検索するのではなく、定期的に求人を検索しておくことが必要になってきます。

 

良い職場に関しては、1月や2月に短期間だけ求人を出しているところですので、しっかりと見極めるように、なぜ求人を出すのか理由をある程度予測しながら検索をしましょう。

 

職場見学は幼稚園の雰囲気を見るチャンスです

転職や就職する前には、面接もかねて職場見学、あるいは面接前に職場見学をさせてもらえるのが一般的です。

 

その際にはきちんと職場の雰囲気を見ておきましょう。

 

見るポイントとしては職場案内をしてくれる人の雰囲気を確認すること。

 

案内をしてくれる人は、ある程度役職の付いた人が多く、いわば幼稚園の中核に存在する方です。

 

その方の対応が横柄であったり、不親切である場合には注意が必要です。まだ職場見学の段階では応募者は外部の人間です。

 

外部の人間に対して横柄な態度をとるようでしたら、就職をするとさらにそのような対応を取られる可能性が高いでしょう。

 

また、就職すると上下関係ができてしまいますので、こちらも言い返すことができませんし、ストレスが溜まってしまう可能性があります。

 

こちらの態度ももちろん大切ですが、職場案内をしてくれる人のことをチェックしておくようにしましょう。

 

もう一つのポイントとしては、働いている人の雰囲気です。楽しそうに働いているのか、活き活きとした表情で働いているのか、暗い顔をしている職員はいないのか、などしっかりと職員の表情を確認しておくことも必要なことです。

 

園児に対しての対応もしっかりと見ておくようにしましょう。職員が行っている園児の対応が幼稚園の方針だと思って、自分が働いたときに同じようなことができるのか確認しておくことも必要です。

 

人間関係の良い職場を見つけるには?

良い職場を見つける方法としては、ある程度内情を知っている人に尋ねることです。もちろん現在働いている人にそういったことを聞くのは難しいと思いますので、そんなときには転職サイトを利用するようにしましょう。

 

転職サイトには転職を支援するアシスタント、コンサルタント(名称はサイトによって違います)がいます。そういった方は幼稚園の人事の方と繋がっていますので、様々な情報を持っています。

 

また、何名も幼稚園教諭の転職をサポートしていますので、実際に働いてみた声も聴いており内情にも詳しいです。

 

もちろん人間関係が良いところ、なかなか職員が辞めないところ、職場の雰囲気が良いところなどを把握していますので、問い合わせてみましょう。

 

サイトには利用料が無料のところがほとんどですし、登録だけしたら利用ができますので気になる方は一度使ってみることをお勧めします。

 

幼稚園教諭の求人の探し方

この記事に関連する記事一覧