幼稚園教諭が給料アップするための転職のコツ

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

幼稚園教諭が給料アップするための転職のコツ

幼稚園教諭は他の職種と比べても給与水準が低いとされています。

 

仕事が忙しく、責任感もある、それで給与が低いのではなかなか続けていくことが難しいかと思います。

 

また、幼稚園教諭として同じ所で長年働いていても昇給はわずかである場合が多いので、給与をあげていく為には、転職が一番早く、確実です。

 

転職で給与アップするためのコツとはどのようのなものがあるのでしょうか?

 

どれぐらい昇給していくのか

幼稚園教諭の昇給は非常に低く、ある場所では年間2千円のアップというところもあります。これでは10年間勤務をしても2万円しかアップすることができません。

 

昇給以外でアップする方法としては役職手当などがありますが、園長などになろうと思えばさらに時間がかかりますし、なれる保証はありませんのでお勧めはできません。

 

また、資格手当というものも幼稚園教諭ではなかなか難しい部分がありますので、やはり転職が昇給の一番の近道だといえます。

 

ハローワークを利用する際の注意点

転職の際に利用することが多いサービスとしては、ハローワークがあります。

 

ハローワークには様々な情報が記載されていますが、給与の水準はある程度同じであり、あまり高いところは見受けられません。

 

また、利用者も非常に多いですので、良い就職先は取り合いになる可能性がありますし、どうしても年齢が若い、経験年数が多い方に就職が決まりがちになってしまい、行きたいところに行けないことが非常に多いです。

 

また、ハローワークは公的な機関で利用料が無料ですので、求人内容としてはそこまで良いところは記載されていない傾向にあります。

 

面接での受け答えの注意点

面接で給与アップができる場合もありますので、ポイントについてご紹介していきます。

 

幼稚園の面接官としてみるポイントとしては

 

長期間働けるのか

女性の多い職場ですので出産や結婚などで退職する人が後を絶たないのが幼稚園の特徴です。

 

退職をすればまた求人を出さないといけない、一から教える必要があるというデメリットがありますので、できるだけ長く働く人を希望している傾向にあります。

 

長く働いてくれるのだから少し給与をアップしても良いと考える面接官も多いです。

 

経験があるのか、どんなことをしてくれるのか

幼稚園教諭としての経験は非常に大切なポイントです。やはり長いほど安心して任せられますし、就職をして通常の仕事以外にどんなことをしてくれるのかということもポイントになります。

 

そのためには、前職でどのようなことをしてきたのかアピールするようにしましょう。

 

給料を上げてもらえるように意思表示をする

給料を上げてもらいたいので、直接「給料を上げてほしい」といった場合は、失敗してしまいます。直接いうのではなく、遠回しにアピールすることが大切になります。

 

例えば前職を退職した理由としては、給料があまりにも低くて退職しなければならなかったなどといったように、給与が高ければ働いていましたという感じでアピールすると良いですね。

 

保育士や幼稚園教諭専門の転職サイトを利用する

転職サイトには非常に多くの求人が記載されています。求人の検索項目も充実しており、給与が〇〇円以上という具合に求人を探すことができますので、今の給与よりも高いところは比較的簡単に見つける傾向にあります。

 

また、転職サイトの最大のメリットはコンサルタントが給与交渉をしてくれるということです。

 

自分ではなかなか実施できにくい部分もコンサルタントがしっかりとサポートしてくれますので、精神的に楽になります。

 

コンサルタントも就職先とは付き合いがありますので、ある程度希望は聞いてくれる傾向にありますので、気になる就職先があれば是非コンサルタントに相談をしてみましょう。

 

 

幼稚園教諭の求人の探し方

この記事に関連する記事一覧