保育士から異業種へ転職 工場の事務員に派遣社員として転職した28歳女性

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士から異業種へ転職 工場の事務員に派遣社員として転職した28歳女性

保育士から異業種へ転職

 

  • 性別: 女性
  • 年齢: 27歳
  • 住所: 山梨県笛吹市
  • 保育士歴: 2年
  • 転職後の職業: 工場の事務 (派遣社員)

保育士を辞めて異業種に転職しようと思った理由は何ですか?

私は子供が好きで子供とたくさん遊びたくて保育士という職業を選びました。実際に子供達とたくさん遊ぶ事ができてとても幸せでした。

 

ですが子供との時間はとても楽しいものでしたが、一部の保護者の方々との関わりが苦痛でした。

 

自分の子供が可愛いのはどの保護者も同じなのですが、関わるのに苦痛を感じた保護者の方々は自分の子供を特別扱いする事を要求する人達で、要求が通らないと怒鳴りだすので対応に苦慮しました。

 

嫌な思いをしているのは私だけでは無かったしみんなで協力しあって対応していましたが、その園児が入園してからは1年ほどで精神的に限界が来て鬱で出勤できなくなりました。

 

その後、精神科医の勧めもあり、転職しました。

 

どのような転職活動をしましたか?(苦労した点や工夫した事なども)

今までは保育士になることだけを考えてきたのでそれ以外の職種の知識がほとんどなくて、まずは職業安定所で求人情報を見ながらどのような仕事があるのか、どんな仕事内容なのかを知るところから始めました。

 

運良く、職員さん達が優しい職業安定所に通っていたので、皆さんが色々と教えてくれました。

 

資格も保育士以外は持っていなかったので、職業訓練所に、通ってパソコン関連の資格も取りました。

 

面接の練習も何度もがんばりました。

 

1度は鬱で仕事を辞めているので、面接官の再発に対する質問が出てもしっかり答えられるように鬱という病気を勉強しました。

 

書類選考がある求人票にも対応できるように履歴書をしっかりと書く練習もしました。

 

異業種への転職をしてみてどうでしたか?

工場での事務員の仕事はその時の私にとって最良の選択でした。

 

子供や保護者から切り離され、その工場で作っている製品も子供とは縁のない製品だったので保育士の仕事で疲れていた私にはこれ以上ない理想的な環境でした。

 

ですが、それまでの仕事とはまったく違う仕事なので簡単には仕事を覚えられなくて毎日のように先輩や上司に注意を受けていて辛かったです。

 

ですが、解決する事がないクレームをただただ聴き続けていた頃と違い、自分が頑張る事で仕事に慣れる事ができ、周りに認められて乗り越えられる問題なので以前と違い精神的に追い詰められる事は無かったです。

 

これから異業種に転職したい保育士の人へのアドバイス

今まで勉強してきたものを全て捨てて新しい仕事にうつるのはとても不安な事だと思います。

 

ですがそれまで積み重ねた努力は、必ず自分の栄養になっています。無駄になる事はないと思います。

 

それよりも新しい事を怖れて立ち止まってしまっている時間の方が無駄になっていると思います。

 

立ち止まるために時間を使うのではなく、新しい仕事への準備のために時間を使うべきです。無駄になる経験なんてどこにもないと思います。

 

 

 

保育士から異業種へ転職した人の声

この記事に関連する記事一覧