保育士から異業種へ転職 プログラマーに正社員として転職した27歳男性

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士から異業種へ転職 プログラマーに正社員として転職した27歳男性

保育士から異業種へ転職

 

性別: 男性

年齢: 27歳

住所: 東京都練馬区
保育士歴: 4年

転職後の職業: プログラマー (正社員)

 

保育士を辞めて異業種に転職しようと思った理由は何ですか?

4年間保育士として勤め、子供相手と保護者相手の両面で様々な事を学びましたし充実もしていたのですが、3年経過時点で他業種・特にWEB関連の仕事に興味を惹かれるようになりました。

 

あくまで他の職業に惹かれた事が理由で、例えばその時の職場で悩んでいる事があったとか、そういう事ではありません。

 

保育士というとやはりコミュニケーション能力が最も求められ、自分なりに努力した結果その能力をある程度成長させる事が出来たという実感はありました。

 

しかし、その反面でコミュニケーション能力というどこか曖昧なものを伸ばしていくよりも、専門知識や何かを制作する事に関する知識・技術を伸ばしていく事が、将来的に重要になっていくと考えて転職を決意しました。

 

どのような転職活動をしましたか?(苦労した点や工夫した事なども)

職業としてはWEB制作のプログラマーを希望していたため、学校に行くか見習い的にアルバイトから始めて独学と業務によって学んでいくかを悩みました。

 

求人に目を通していた所、あるWEB制作会社が初心者・未経験者歓迎で社内学習プログラムも用意しての募集を見つけました。

 

これだと思い応募し、それまでの保育士としての経歴とそこで得たものを中心にアピールしました。

 

研修期間中に一定の基準に達する事を条件として社員登用コースで入社することが出来ました。

 

意外とコミュニケーション能力も必要らしく、その点で自信があった事と保育士という前職をポジティブに捉えてもらえた事が受かった理由でした。

 

異業種への転職をしてみてどうでしたか?

結果的にですが、転職は大成功でした。

 

当時の私はIT関連の制作者やサービス、どんどん世の中に出て来る新しいアプリなどに強烈な魅力を感じていたため頑張る事が出来ました。

 

今では会社の戦力として機能出来る技術を身につける事が出来ましたし、毎日の仕事が楽しいです。

 

保育士であった頃に漠然と感じていた、自分が習得している能力が将来的にも役立つものなのかという不安は完全に解消されました。

 

IT技術者の業界も競争は激しいですが、今後も勉強を怠らずに仕事を続けていけると思っています。

 

これから異業種に転職したい保育士の人へのアドバイス

異業種へ転職を希望されている方は千差万別の理由をお持ちかと思いますが、保育士として経験した事や得た能力などは、他業種であまり役に立つ場面がありません。

 

やはり特殊な職業ですし、そこで育つ能力というのは保育士という職業に特化したものだと思います。

 

しかし、もし他にやりたい事を見つけてしまった場合、転職する方へ向かうべきだと思います。自分が転職を成功させたからではなく、現在関わっている子供達を想っての事です。

 

保育士という職業に情熱を注げなければ、毎日関わる子供達にも情熱を注げなくなってしまうと思うのです。それは子供達が大人から愛情を感じる事が出来ない場面を作ってしまう事に繋がってしまいます。

 

保育士は子供への愛情と情熱を持つ方だけがやらなければならない職業だと思います。ですので、転職したいという気持ちには100%賛成ですし、そうすべきです。

 

保育士になるために努力した時と同様に、新しい職業で社会に必要とされる人間になるための努力をする事が可能だと思います。

 

全力で頑張って、これだと思える職業に就いて下さい。

 

 

保育士から異業種へ転職した人の声

この記事に関連する記事一覧