保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士から受付への転職 | 給料や待遇・面接の自己PRについても

保育士から受付へ転職

 

保育士から受付に転職する人は意外と多いです。保育士から受付に転職した場合は保育士と待遇面や仕事面でどのような違いがあるのでしょうか?

 

また、上手に転職できる方法とはどのようなものがあるのか解説していきます。

 

保育士の仕事と受付の仕事の違い

受付の仕事はほとんどが座ったままできる仕事です。保育士と比べてもその点は大きく違うといえます。受付は場所にもよりますが、目上の方を対応しなければなりませんし、その施設のことを頭にいれておかなければなりません。

 

インプットを一度すれば、その後は全てアウトプットとなる仕事ですので、最初の頃は大変ですが、後は比較的楽な仕事だと言えます。

 

受付の給与水準と待遇面について

受付の給与水準は260万円前後だと言われています。全産業と比べてみると低い水準ですが、業務内容や休みの回数などを考えると妥当だと考える人が多いようです。

 

待遇面としては、休みもきっちりあり、残業はほとんどありません。また、比較的忙しくならない仕事ですので、自分のペースで仕事を進めていくことができます。

 

受付といっても様々な受付がありますが、銀行が最も受付の中でも高水準の給与です。

 

保育士としてのキャリアやスキルを生かせるのか?

受付と保育士は仕事内容が違いますので、なかなか活かすことができる部分というのは少ないです。しかし、人を相手にするという点では保育士も受け付けも似ている部分です。

 

保育士として培ってきた人あたりの良さという点は受付でも生かせられるスキルであるといえます。

 

また、保育士は様々な事柄を覚えていかないといけません、受付も会社のことについて覚えないといけません。記憶力のスキルは保育士と受付共通していますので、活かすことができる部分ですね。

 

面接での自己PRはどうしたらいいのか?

受付は会社の顔となりますので、できるだけ笑顔で、柔らかい雰囲気で面接を行うようにしましょう。

 

面接をする際は聞かれたことははっきりと応対できるようにいくつかのパターンを用意しておくことも大切です。

 

保育士としての経歴でアピールするならば、

 

「来客されてきた人に対して、丁寧な対応ができます。これは保育士でも家族対応などで培ってきた経験です。」といったアピール方法が良いですね。

 

受付へ転職するためには?

受付へ転職するためには、まず募集を探さなければなりません。ハローワークなどで探すのが一般的かと思いますが、実際はあまり求人の数はありません。

 

おすすめとしては、転職サイトで受付の求人を探すことをおすすめします。転職サイトでは様々な求人が載っていますし、何よりも検索条件が非常に細かいからです。

 

受付といっても様々な受けつけがあります。企業の受けつけ、施設の受付など様々ですので、自分が転職しやすい受付に行くためには転職サイトのように細かい条件で検索できる媒体がおすすめなのです。

 

また、受付の求人は正社員以外に、契約社員、派遣、アルバイトなど様々な条件で募集されていますので、その方が求めるものを探すのも転職サイトが一番見つかりやすいといえます。

 

 

保育士から異業種への転職

この記事に関連する記事一覧