保育士から幼稚園教諭への転職について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士から幼稚園教諭への転職 | 給料や待遇・面接の自己PRについても

保育士から幼稚園教諭に転職

 

保育士から幼稚園教諭に移り変わる人は多いです。

 

一見して同じような仕事に感じる人もいるかと思いますが、実際はどのような仕事があるのでしょうか。

 

また、スムーズに転職するにはどのような点に注意していけば良いのでしょうか。

 

保育士の仕事と幼稚園教諭の仕事の違い

保育士と幼稚園教諭は似ていると思いがちですが、目的は大きく違います。

 

それは保育と教育です。

 

保育の場合は教育というよりもいきいき育てるために対応するという流れが多く、教育の場合はきちんとカリキュラムに沿った対応をしていきます。

 

その部分は大きく違いますが、それ以外で言いますと幼児期~小学校前の子供を対象とする点で非常に似ています。

 

幼稚園教諭の給与水準と待遇面について

幼稚園教諭の給与水準としては、350万円前後が多いです。

 

保育士の資格や経験を考慮されることになりますので、他の業界と比べてもスタートの金額は高いです。

 

待遇面としても保育士よりも良いところが多いです。

 

残業や休日出勤はありますが、保育士に比べると保育士よりはそういったことは少ないですので、比較的働きやすいといえます。

 

保育士としてのキャリアやスキルを生かせるのか?

保育士と幼稚園教諭は非常に共通している部分がありますので、スキルやキャリアは十分生かす事が出来ますし、面接官側も十分理解はできています。

その為、他の業界に比べてもスキルやキャリアは活かしやすいといえます。

また、どういったことを保育士として学んできたのか、ということも自分の頭の中で整理しておきましょう。

 

面接での自己PRはどうしたらいいのか?

保育士としてのアピールも大切ですが、幼稚園教諭になってどういったことを学びたいか、何をしたいのかアピールすると保育士から幼稚園教諭に変わった理由が理解しやすいです。

 

面接時には保育士として学んだこと、なぜ幼稚園教諭に変わったのかなどを用意しておきましょう。

 

また、雰囲気としては頼りがいのある人の方が好まれる傾向有りますので、自信を持って面接に行くと良い結果に繋がりやすいといえます。

 

質問に対してはゆっくりと答えることによって落ち着いた雰囲気を出す事が出来ます。

 

明るいことは大前提としてありますので、笑顔は常に絶やさずに行うことも大切なポイントであると言えます。

 

幼稚園教諭への転職するためには?

幼稚園教諭に転職する場合は、知り合いがいれば紹介してはいることができます。

 

しかし、知り合いがいない場合は、自分で探さないといけません。

 

幼稚園教諭として初めて働く場合はどこが良い職場で良く無い職場なのか分かりにくいと思います。

 

そんな時は転職サイトを活用しましょう。

 

転職サイトにはアドバイザー、コンサルタントと呼ばれる人がいるサイトにしておきましょう。

 

そういった方が、疑問点やおすすめの場所などを紹介してくれます。

 

転職サイトによっては転職祝い金を支払ってくれる場合もありますので、転職サイトの活用はおすすめです。

 

保育士から異業種への転職

この記事に関連する記事一覧