保育士から営業職への転職について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士から営業職への転職 | 給料や待遇・面接の自己PRについても

保育士から営業職に転職する場合は保育業界とどのような違いがあるのでしょうか。

 

また、上手に転職できる方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

しっかりと把握して上手に転職できるようにしましょう。

 

保育士の仕事と営業職の仕事の違い

多くの場合は営業職にはノルマというものがあり、それを達成するのか、達成しないのかで評価が分かれてしまいます。

 

また、それに合わして勤務時間や休みの回数なども変化していきます。

 

そういった部分では保育士と大きく違う点です。

 

営業職は売り上げが高ければ給与が高い月もありますし、売り上げが低い月は給与が安い月もありますので、安定という点では保育士の方が安定していると言えます。

 

営業職の給与水準と待遇面について

営業職の給与水準としては300万円前後が最も多いですが、これはあくまでも水準ですのでもっともらっている人もいますし、もっと少ない人もいます。

 

休みなどの待遇面でも同様です。

 

これは営業職の特徴であり、固定給の営業職であれば一定の給与、休みをもらえますが、多くは歩合制です。

 

その場合は最初の半年ぐらいは仕事に慣れない為に給与も低く、休みも少ないかと思います。

 

慣れればある程度自分で調整ができますので、休み、給与ともに安定するといえます。

 

保育士としてのキャリアやスキルを生かせるのか?

保育士は数多くの人と接することが仕事になりますので、その部分はスキルとして活かせれる部分になります。

 

また、子どもの様子などを的確に親に伝えることも仕事の内の一つですので、物ごとを伝えるというスキルは営業職でも活かす事が出来ます。

 

面接での自己PRはどうしたらいいのか

営業マンとして成功するためには、やはり人との対応が上手でなければいけません。

 

保育士では数多くの方と接するのでその辺りをアピールできれば良いですね。

 

また、得意な人を限定してアピールすることも効果的です。

 

「保育士として若いお母さん方を中心にクレーム対応などを行ったことがあります。

 

営業職でもこの経験を活かせれることができます」といったようにアピールしましょう。

 

面接時では営業マンらしく、ハキハキして、やる気を見せていくようにしましょう。

 

営業マンは強い精神力と体力が求められる仕事ですので、その部分をアピールしていけば上手くいくでしょう。

 

営業業界への転職するためには?

営業は非常に求人の数も多く、どの媒体でも比較的見つけやすいと言えます。

 

しかし、その条件の幅は非常に広く、絞り込むのに時間がかかってしまう傾向にあります。

 

そんな時には転職サイトを活用しましょう。転職サイトであれば、自分の希望する条件を先に提示してから、それにあった条件の求人を絞り込むことができますので、おすすめの媒体です。

 

また、転職サイトには様々な情報をもったアドバイザー、コンサルタントがいますので、そういった方に相談をしながら転職していくのも良いです。

 

保育士から異業種への転職

この記事に関連する記事一覧