保育士転職 面接時の服装・マナーと好印象に見えるポイント

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士転職 面接時の服装・マナーと好印象に見えるポイント

面接で注意しなくてはいけないことは、保育士としての気遣いができているかどうかです。

 

もちろん他の業界の面接と同じで一般的なマナーはあります。しかし、保育士転職の面接は保育士特有の見方をされます。

 

面接時の服装や身だしなみについて

具体的にどのような点を見られているのか?

 

それは保育士として働く上で必要な事ばかりなのですが、子供に危害を与えないよう爪が切れている、子供に髪の毛がかからないようにきちんと束ねられている、化粧が清潔であるなどといったものです。一般の面接以上にそういった点が重視されることを心得ておいてください。

 

面接時の服装は、清潔感が第一に重要です。服装は基本的には黒のスーツでパンツでもスカートでも構いません。髪は挨拶をしたときに顔にかからないように長い人は束ね、過度な染髪は控えましょう 。

 

保育は身だしなみでする仕事ではなく、現場は日焼け止め程度の薄い化粧で保育着の場合が多いです。その為、自分の化粧が子供に悪影響を与えないと判断できれば、神経質になりすぎる必要はありません。

 

面接を受ける前と、面接室に入ってからのマナー・注意点

面接会場に向かう途中、万一遅刻しそうな場合は早めに連絡を入れましょう。

 

遅刻は決して無いよう余裕をもって行動したいのですが、事故や電車遅延に巻き込まれる場合もあります。必ず事前連絡を入れましょう。

 

そして会場に到着したら必ず携帯電話の電源を切っておく必要があります。マナーモードにするだけではバイブレーションがなってしまう場合もあるので、必ず電源をオフにする必要があります。

 

面接室へ入るときは、必ず3回ノックすることが基本的なマナーです。ノックをした後に「どうぞ」と声があってから「失礼します」と入室しましょう。ドアを両手で締めてから用意されている席へ向かいます。

 

保育士の面接で気を付ける必要があることは、元気があるかどうかです。保育士はマイクなしで教室内の子供の指示を与える必要があるほか、子供と一緒に元気良く過ごす必要がある職業です。その為、面接官に聞こえないような声や細い声でしゃべるのではなく、ハッキリとした態度で面接を受ける事で好印象を与えることができます。

 

面接時以外でも気を抜かないように

面接は保育園など実際の施設で行われることが多いため、そこで働くスタッフや子供達、保護者とすれ違うこともあります。

 

そんな時は必ず明るく挨拶をするようにしましょう。基本的なマナーとして当たり前であるのはもちろんのこと、今後付き合う可能性がある人に好印象を持ってもらえるメリットがあります。

 

このように身だしなみや服装、細かいマナー、明るく元気な姿勢で面接に取り組むようにしてください。

 

人間なので失敗することもあります。失敗をした時、間違えてしまった時に適切な処置ができるかどうかも面接官は見ていますので、落ち着いて行動し自分らしく面接に臨んでください。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の転職・面接のポイント

この記事に関連する記事一覧