給料が5万円アップしても保育士には戻りたくない?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

給料が5万円アップしても保育士には戻りたくない?

4月13日のYahoo!Newsに「『給料が5万円アップしても戻りたくない!』退職した保育士のホンネ」という記事があります。

 

一度保育士をしていた人は、給料が5万円上がったくらいでは、復帰したくないと考えているとのこと。

 

退職の理由は、「給与への不満」がトップ、少しの差で2位に「業務量や残業の多さ」が入っています。「人間関係」や「プライベートとの両立」も高い数値です。

 

退職の1番の理由の「給与」が、5万円の上乗せしても76.4%が復帰したくないと回答。10万円アップなら86.5%の人が復帰を検討すると答えました。

 

保育施設が増えている今、そこにはもちろん保育士が必要になります。実際、保育士不足が問題になり、国も対策をしているところですね。

 

保育士の資格を持っている人はたくさんいます。でも、働きたくないと思ったり、働いてもすぐに辞めてしまったりしているのです。それは、「割に合わない」からだと思います。

 

保育士になりたいと思う人、なった人はみんな「子どもが大好き」です!(中には、「仕事を継がなくては」とか「自分でもできる仕事かな」などという理由で始める人もいると思いますが)でも、実際に働き出すとそんな簡単なことではないのです。子どもと関わる時間はとても楽しいですが、いつも危険と隣合わせで、「命を預かる」という重い責任を感じます。そして、「子どもは元気!」なので、体力も奪われます。頭も体も使う仕事なのです。

 

更に、「人と関わる仕事」であるということです。どんな仕事でも人とは関わると思いますが、保育士は子どもだけでなく、保護者・地域・職員同士など、人と関わることが基本の仕事なのです。人と関わる分喜びもありますが、ストレス量が多いのです。

 

(いろいろな保護者の方など、対応に追われ精神的にやられてしまうことも・・・)園にもよりますが、男性が少ない分、女性独自の世界が広がっていることも多いのです。

 

仕事って、仕事内容もそうですが、それ以上に「人間関係」が大切ですよね。仕事が大変でも、人の環境がよければ、乗り越えられるものです。

 

そして、保育の仕事はペーパーワークも多いのです。「子どもと関わるのが保育者の仕事では?」と思われがちなのですが、それ以外のものもかなりあります。保育の計画はもちろん、子どもの記録や保護者への手紙や連絡帳、お金の管理など、また役所からくる仕事があることもあります。

 

保育をするには、準備にも時間がかかります。まず教材研究をして、どんなものにするかというところから、それを子どもたちに提供するための準備まで、すぐにはできません。

 

こんなにある保育士の仕事(まだまだありますが)、安いお給料で働きたくなりますか?子どもが大好きでも、人間関係がよくない中で働きたいと思いますか?

 

そして、今、保育施設が建ちすぎて保育者が足りない中に、わざわざ飛び込みたいとはなかなか思えないのだと思います。上記のような状況がもっと悪いことが予想されますものね。

 

お給料は大切です。お給料を上げる事で、「働いてみようかな」と思う人は増えるでしょう。

 

しかし、それだけではだめなのです。給料が良くても、仕事内容が、仕事環境がよくなかったら、働き出しても結局辞めることにつながってしまうのです。

 

お給料とともに、働きやすい環境が作り出されていくとこが大切だと思います。

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧