保育士転職でブランクがある場合の志望動機は?具体的な例文も紹介

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士転職でブランクがある場合の志望動機は?具体的な例文も紹介

保育士のブランク

 

一度休職してブランクがある状態から保育士に復帰したい時はどうしたらいいのでしょうか?

 

ブランクがある場合、その期間によっては保育に関する法改正など保育内容の変化や、体力が追いつくかどうかという心配点は確かにあります。

 

しかし、採用側としては保育士不足である状態が多いのですから、即戦力になる保育士経験者を欲しがっています。

 

なのでそういった心配な点も、努力でカバーできるものであれば、十分認められる可能性があります。

 

ブランクがある場合は何をアピールすればいいのか?

志望動機としてはブランク期間の理由を分かりやすく説明したり、保育環境の変化についての勉強をアピールすると効果的でしょう。

 

また、採用時には短期間で辞めるのではなく長く働いてほしいと思う採用側がほとんどです。

 

出産や育児がブランク期間になったいた方などは、長く働ける環境が整ったことも強調して説明するといいでしょう。

 

子育て経験は保育士の素質として十分認められる要素なので大きなアピールポイントにもなります。

 

具体的な志望動機の例とすれば、

 

「出産に伴い保育士を退職したが、子供が小学校にあがったので再度保育士として働く親を助けたい」

 

「働ける環境が整ったので再度保育士として人の役に立ちたい」

 

「平成20年の法改正などのあったので、1から新人保育士として貢献したい」

 

「子どもをみてくれる人がいなかったので保育士として復職できなかったが、保育所が決まったので保育士として再度働きたい」

 

など、保育士として復職したい理由と、保育経験や子育て経験、保育に関心をもった生活をしていたことをアピールすれば尚良いでしょう。

 

履歴書に記入する志望動機の具体例

履歴書の志望動機の具体例は以下のような文章です

 

「経験年数やスキルに応じて、クラス担任から、主任、園長というキャリアデザインが明確化されており、将来のキャリアアップに向けてのチャンスがもてる社風に魅力を感じています。

 

保育士の仕事は、5年ブランクがありますが、0~5歳の保育全般業務に7年間の経験があります。また子育てを通じて保育を考え直すことができたと同時に、子供の命を預ける保護者の気持ちもより理解できました。

 

保育士同士はもちろん、職員同士のチームワークを大切にして、クラス運営や保護者へ対応経験を生かして、貢献していきたいと思います。」

 

 

文字数の200文字前後で履歴書に最適な文字数となっています。200文字程度にまとめる為には自分の想いを3~5分にまとめる必要があります。

 

ブランクがある人は、ブランク時の経験や保育士に復職をしようと思った理由を加えることが大切です。

 

さらには、なぜこの園を選んだか、ということを付け加えることでよりリアルな志望動機となります。

 

志望動機を書くうえで、業界研究や応募先の研究は欠かすことができません。きちんと調べたうえで一番共感できる部分を言葉にしてみましょう。

 

また内容は可能な限り前向きに書くようにしましょう。

 

例えば、ブランクがある人の中には育児等ではなく、前の保育士が嫌になり辞めてからしばらく働いていなかった例もあるかと思います。

 

そういった場合も、「休職中どんな仕事を探しても保育士が1番良かった」などオーバーなくらい前向きな表現でアピールしてもいいです。

 

内容が一貫性があれば、そういった書き方で問題ありません。

 

ブランクがある場合の志望動機をプロにチェックしてもらおう

志望動機は保育士として復帰したい明確な理由の他に、なぜその転職先の保育園を選んだのかという部分も重要になってきます。

 

応募先のことは自分でも調べる努力は必要ですが、よりリアルな内部事情を知っている転職サイトのコンサルタントに聞いてみるという手もあります。

 

たくさんの保育施設を見て転職サポートをしてきたコンサルタントから直接アドバイス・添削をしてもらえば、完成度の高い履歴書を作成することができますので、ぜひ転職サイトに登録して使ってみてください。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士転職で必要な履歴書の書き方

この記事に関連する記事一覧