保育士転職 履歴書の志望動機の書き方

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士転職 履歴書の志望動機の書き方

保育士・履歴書の志望動機の書き方

 

志望動機は、やる気や意欲をアピールする項目です。

 

現在どんな状態であるにしろ、なぜ保育士になりたいか、どんな保育士になりたいか、保育に対する考え方を述べ、自分の考え方をアピールしましょう。

これまでの経験や考え方を自分の言葉で表現しよう

履歴書によくある「自己PR」だけが自身をアピールする場所ではなく、どんな項目でも自分の考え方を相手に伝えようとすることが大切です。

 

また採用側はプロです。何人もの人の面接をしてきています。インターネット上に志望動機の例文などは多くアップされていますが、丸写しだけはしないようにしてください。もちろん参考にしてもらうのは構わないですが、 必ず自分の言葉で伝えてください。

 

志望動機を書く上で1番重要なのは、子供に対する気持ちです。これはなるべく具体的に書くようにしましょう。子供が好きということも率直に自分の言葉で表現することが大切です。これまで自分が経験してきたエピソードなどを加えて書くことで他人とは異なる書き方ができるので、より印象づけることができます。

 

どんな保育をしたいか、保育に対する考え方があればそういったものも織り交ぜてオリジナリティあふれる志望動機にしましょう。

 

また履歴書のその他項目もきちんと書くようにしてください。例えば、志望動機に書かなくても学生時代に部活動をしていた経歴を書いていれば、体力があることをアピールできます。志望動機以外の項目でもアピールをすることを忘れないでください。

 

経験者・未経験者・ブランクありの場合の志望動機

次に現在の状況別に、志望動機を具体的に考えてみましょう。現在保育士として働いている場合は、履歴書には保育への考え方をアピールしましょう。

 

単純に考え方をアピールするだけでなく、応募する保育園の特徴などを織り交ぜどういう部分が自分の考え方と合うと思っているかを記載した方がより好印象です。ただし、十分に応募先の園を研究せずにこれを書いてしまうと逆に印象を落としてしまう場合もあるので、しっかり調べるようにしましょう。

 

次にブランクがある場合はどうでしょうか。経験をしているので保育に対する考え方を記載するのはもちろんのこと、なぜ保育士として復帰しようとしているかを織り交ぜる必要があります。

 

採用側としては長く続けてほしいという願いがあります。わがままや甘い考え方で辞めたり復帰したり、というわけではなく、こういう理由で退職したがやはり保育に対する思いを捨てる事ができなかったなど、1度現場を離れたがそれでも保育に携わりたい理由を志望動機欄にアピールしましょう。

 

最後に経験がない場合ですが、これは採用側から見ると1番判断が難しいタイプです。

 

未経験者でも保育士としての適性があるかどうか、ハードワークをこなすことができるか、経験者の中に入っても周りと打ち解けて前向きに業務を遂行できるか、そういった面が総合的に判断されます。

 

その為、自分がいかに子供が好きであるかどうか、子供の未来を考えているかどうか、保育士に向いているかどうか、体力に自信があるかどうかを織り交ぜてアピールすべきでしょう。気持ちだけは誰にも負けないといった強い思いで保育業界に望んでいる事をアピールしてください。

 

志望動機の書き方をプロに指導してもらおう

これまで志望動機の書き方のポイントを解説してきましたが、いざ書き上げてみても本当にうまく作成できたか不安に思う方も多いと思います。

 
そんな時は保育士専門の転職サイトに登録して、プロの添削指導を受けてみましょう。

 

個人の長所を生かした内容の他、転職先の保育園ごとのポイントもふまえた書き方を教えてくれます。

 

登録から利用まで全て無料なので一度使ってみることをおすすめします。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士転職で必要な履歴書の書き方

この記事に関連する記事一覧