保育士転職 履歴書の自己PR欄の上手な書き方

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士転職 履歴書の自己PR欄の上手な書き方

保育士転職の自己pr

 

保育士の転職活動で履歴書に自己PRを書く際のポイントを紹介します。

 

保育士は生活と密接に関係する身近な職業なので、特に難しいことを書 こうとせずに、なぜ保育士になりたいのか、どんな保育士になりたいのか、自身のどんな経験を生かせるかなどを書くだけで十分にアピールで きるポイントになります。

 

さらに付け加えるならば、その保育園でなぜ働きたいか、自分がいかに保育士に向いているかをPRすれば効果的でしょう。

 

未経験者は保育士として適正があるか見られている

まず実務経験がない場合は、採用側が気にするのは保育士に向いているかどうかです。

 

当然ですが保育士は、夢や憧れだけでできる仕事ではありません。子供を預かるという事は、人の命を預かるという事ですし子供の未来を預か ることに繋がります。何人もの子供の相手を同時にすることは非常にハードワークで楽しいだけではありません。

 

「保育士としてどうなりたい」「子供とはこういう風に接したい」そういうビジョンを明確に示すことで、憧れで応募したのではなく、保育士としての人生を選んできたのだと評価されるのです。

 

実際の素質は働いてみないとわからないですが、保育士についてどう考えているかは言葉で判断されます。

 

例えば、「姪っ子と接する中で子供のあやし方を習得し周囲からも信頼がある。もっと多くの子供と接したい」や「ほかの仕事をしていたが、 子供の成長をそばで感じたく、また働く女性を助けたくて保育に携わりたいと思った」など保育士を目指す理由や覚悟を盛り込む必要があるでしょう。

 

経験者はこれまでの経験を踏まえてアピール

次に保育士経験がある場合は、履歴書にはどのように自己PRを書くべきでしょうか。

経験がある人は特に難しく考えずに、これまでの保育経験から思っている事、どうなりたいか、この保育園では何がしたいかを書けば大丈夫です。

 

即戦力として、保育施設側からも重宝される存在になるので選んでもらえるようにアピールしましょう。

 

例えば、「私は5年間私立保育園で働いている。子供の保育のやりがいは成長に携われることで、もっと一人ひとりと向き合う為にはどうしたらいいかを常に考えながら保育に取り組んできた。後輩の育成にも携わって保育業界を発展させたいと思う」など、現状と未来のビジョンを取り入れる事で評価が得られるはずです。

 

ブランクがある人の自己PR

保育士としてのブランクがある場合は、保育士はまだまだ女性が多く結婚や出産など一時的に退職してしまう事例も多くあるので、ブランクもそこまで問題とされていません。

 

しかしながら、保育士はハードな職業ですから体力的な心配をされることやブランクが長すぎると法改正などもあるので、保育に関心を持っていたかを問われることがあります。

 

ブランク期間に何をしていたかを織り交ぜながら自己PRする方が良いでしょう。

 

例えば、「出産で退職したが、子育てをすることでやはり保育の素晴らしさを再認識した」「1度退職して別の仕事をしたが保育士ほどやりがいをえられず保育の勉強をしなおした、子供と触れ合い成長したい」などブランク期間に思った子供や保育に対することを今後どうつなげていくかをアピールしましょう。

 

履歴書の自己PR欄をプロにチェックしてもらおう

自己PR欄は素直に自分の特技や経験、そしてやる気をアピールして保育士として働く意思を示すことができればいいのですが、書き方・表現によって相手に与える印象はずいぶんと違ってきます。

 

もし自分で作成した自己PRが本当に問題ないか心配な方は保育士転職サイトのコンサルタントに添削してもらいましょう。

 

希望する転職先の情報も豊富に持っている方が多いので、転職先の特色も踏まえた自己PR文を作成するサポートもしてくれます。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士転職で必要な履歴書の書き方

この記事に関連する記事一覧