保育士転職 履歴書の転職理由の書き方

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士転職 履歴書の転職理由の書き方

保育士の転職理由

 

保育士に限らずどんな業界でもそうですが、履歴書に転職理由を書く際にネガティブな印象を与えるものを書かない方が良いでしょう。転職理由は、志望動機ともリンクする重要な項目です。

 

「こういう目的の為に転職したい」と、志望する理由ややる気、意欲をアピールできる絶好の項目です。ネガティブな内容の転職理由を記載すると闇雲に転職をしている印象も受けます。

 

不満をそのまま転職理由に書くのはNG

特に保育士業界から保育業界へ転職する場合、保育の待遇が低い事などはメディアなどを通じて大々的に知られています。

 

たとえそれが事実だとしても言い回し等を工夫してネガティブに感じさせないように工夫する必要があります。また現在働いている場所に対して仮に不満があったにしろ、不満には触れずにいる方が良いでしょう。文句ばかり言って働く人だという印象を与えかねません。

 

「●●という目標を達成するために転職したい」などという前向きな事情があれば、もちろんそれを理由として転職をするべきですが、「●●がいやだからやめようかな」「××さんと同じ職場ではやっていけない」「△△円のお給料じゃ生活できない」などといった内容をそのまま転 職理由として記載することはすすめられません。

 

不満はやる気がないようにしかとらえられないからです。転職理由は、現在の職場から新たな職場に移った際にどうなりたいか、現在の職場でなし得ないことをどう達成したいかを存分にアピールできる項目であることを認識して、前向きな転職理由を考えてください。

 

ネガティブな理由で転職するにしろ言い回しに工夫をするようにしましょう。

 

ネガティブな不満をポジティブな表現に

現在保育士として働いている場合は、採用する側としてもなぜ転職を求めるのか気になるところで、履歴書の転職理由の項目も重要視されます 。同じ理由ですぐやめられてしまうことは採用側も1番避けたいものです。

 

保育士の不満で大きいものは、責任感が多すぎるが1番多く、これは保育士という職業上避けられません。

 

しかし、それ以下は給与や待遇面が悪い、残業が多い、持ち帰り仕事が多い、昇給しない、人間関係がうまくいかない、など現在の施設を変えれば改善ができるかもしれないものばかりです。

 

その為、保育士から保育士への転職理由の本質はそういった理由である場合が非常に多いです。それでも転職理由はポジティブに書く必要があります。

 

第三者にとって、こういった内容はただの愚痴です。例えば、給料が安いことが不満で転職する場合には、「仕事量や経験に見合った報酬が得られる保育園で働きたい」といったり、人間関係が不満で転職する場合には、「保育に対して同じ意識を持った人と働きたい」など言い方をポジティブに変更する必要があります。

 

またこういった転職理由以外にも、新しく働きたい施設の良さや期待も盛り込むとより効果的でしょう。

 

例えば、「貴社のこういう精神にひかれています」など、ただ不満をポジティブに言い換えるのではなく、それが転職でどう変わりたいのか、応募先を選ぶことによってどう変わると期待しているのかを盛り込むと、新しい施設での働き方をアピールすることに繋がります。

 

転職理由の書き方を直接プロに教えてもらう

転職理由は人それぞれですが、やはり何かしら以前の職場に問題があり、不満があったからこそ転職しようと思った人が多いと思います。

 

ネガティブな表現を使わずに、しかし嘘にならないように転職理由を相手に伝えるのは、最も苦労する所ではないでしょうか?

 

もし自分で作成した履歴書が本当にこれで大丈夫なのか心配な人は転職サイトのプロに相談してみましょう。

 

個人個人に合わせた具体的な添削作業をはじめ、面接のアドバイスなどもしてくれます。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士転職で必要な履歴書の書き方

この記事に関連する記事一覧