保育士の実際の手取りはどれぐらいなのか解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の実際の手取りはどれぐらいなのか

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_s

 

「保育士の給与は安い」とよく耳にしますが、実際保育士の給与は安いのか、手取りでどの程度なのか知りたい方は多いのではないでしょうか。

 

保育士の職場は、国が経営している施設と、民間企業が行っている企業、NPO法人などが行っている企業など様々となります。

 

そのため、その経営もとにより給与は変わってきます。

 

ここでは、保育士の実際の手取りはどれぐらいなのかご紹介いたします。

 

初任給は13万台が多い

 

働く都市にもよるが、保育士の初任給は、おおむね13万円台が多いです。13万円に様々な手当などが付き、保険料などが引かれると、手取りで10万円歩かないかという状態です。

 

そのため、保育士として働き始めの頃は、一人暮らしを行うことができるかできないかという程度であり、決して高い給与ではありません。

 

しかし、保育士に限らずどこの企業も、高卒や専門学校卒業の場合、手取り10万~15万程度ということが多く、他の職種との差は大きくないのも現状となります。

 

勤続10年で年収350万程度

 

保育士の給与は、確かに高くはありませんが、勤続10年で介護士や一般の零細企業と同じ程度の給与となります。

 

年収が350万の内、ボーナス支給もあるため、月の手取りは18~20万程度となり、生活をしていく上では大きな問題はありません。

 

また、保育士としての経験を積み転職を行うことにより、転職先の方が給与が良いということもあるため、

 

自身の給与に不満を感じたときには、転職を検討することも一つの方法となります。

 

国の施設は年収の伸び率が良い

 

国で経営している保育園の場合には、初任給は民間企業に比べ低いですが、勤続年数が上がれば上がるほど給与も高くなります。

 

逆に、民間企業においては、初任給は高くてもその後の給与が上がらないことも多く、ずっと同じような金額で働き続けなければならないこともあります。

 

そのため、初めの給与が安いところで働くか、初めは高いがその後も同じ給与で働くかという、2者択一ということもあります。

 

夜勤のある保育園の年収は高い

 

保育園の中にも、様々な種類があり、24時間運営している保育園もあります。

 

24時間運営している保育園の場合には、保育士にも夜勤があり、一般的な保育園よりも手当が付き収入もアップします。

 

例えば、病院などに併設している保育園などにおいては、基本給が15万程度でもそれに夜勤手当などが付き、保育士1年目でも手取り20万程度となることもあります。

 

 

保育士の給与は他と比べて安くはない

 

保育士の給与は安いと良く聞きますが、全般的に他と比べて安すぎるということはありません。

 

しかし、朝から晩まで子どものお世話を行い、忙しく大変な仕事という点においては、高い給与でもないのが現状となります。

 

これは、仕事のわりに給与が安いということであり、給与自体は安いわけではないのです。

 

そのため、保育士の給与が安いから保育士を諦めようと考えているのであれば、一般企業やその他の職種とも、給与の差はないことを知っておくことが良いでしょう。

 

確かに、一日中子どもの保育を行うことは大変であり、辛いことも多々あります。

 

しかし、他の仕事も同じように大変な面はあり、辛いこともあります。

 

そこで、自身が保育士として子どもに携わり、子育てを家族とともに行いたいと思っているのであれば、保育士として資格を取得し働いていくことをお勧めします。

 

給与だけで職種を選ぶのではなく、やりがいがありやりたい仕事を選ぶことが、結果的に給与に反映されていくことになります。

 

また、保育士の仕事は、生涯にわたり継続的に働くことができる仕事であると考えたとき、決して給与が安い仕事ではありません。

 

保育士の給料について

この記事に関連する記事一覧