保育士の給料が上がりやすい保育園の特徴とは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の給料が上がりやすい保育園の特徴とは?

保育士の給料が上がりやすい職場

 

保育士の初任給は一般的に16万円~20万円程度でどんな保育施設でも大きく変わりがありません。

 

しかし、継続して5年働いた時に大きな開きがでやすい職業です。

 

それは経営主体の経済力が給料にも大きく反映される点にも原因があります。

 

では、定期的に給料が上がる職場はどのように見分ければ良いのでしょうか。

 

それは、経営主体の経済力を見抜けば良いでしょう。

 

とはいってみても、経済力を見抜くとは簡単なことではありません。

 

まず、第一に公立保育園は安定して給料が上がりボーナスももらえます。

 

なぜかというと、公務員でないと正規職員として働くことができず公務員の給料は公務員法、ならびに市町村の規則で決められているからです。

 

ただし、公立保育園で働くことのできる保育士の数は限られています。

 

私立や無認可の保育園の場合はどこを見ればいいのか?

私立保育園や無認可保育園の場合は、経済力が重要となってきます。

 

その経済力を見極めるポイントとして、園児の人員がきちんと保たれているかどうか、職員が長く続けているかどうか、という2点が挙げられます。

 

保育所不足で待機児童も多発しているのに園児が不足している場合は、その園に問題がある可能性も考えられます。

 

また、職員が長く働き続けている職場は職員に対する環境や待遇が整えられている場合が多く、それらも要因となり離職率が低いという特徴があります。

 

逆にいえば、離職率が非常に高い職場は環境や待遇が整っておらず昇給がほとんどない場合も多くあります。

 

また、たった数人の小規模な施設では定期昇給が難しい場合もあります。

 

さらに、最近では公立保育園を民営化する場合もよくあります。

 

公立保育園を民営化するには、国や市町村から民営化の委託先が長期的に安定経営ができるかの審査をされる為、民営化した保育園はほぼ経営が安定している優良施設であるといえ、給料面での安定も見込むことができます。

 

長く働き続けるためには昇給は重要項目です。

 

昇給があるなしは能力にも関係する部分がありますが、能力があれば昇給できる体制が整っているかどうかを確認して転職活動を行いましょう。

 

給料が上がりやすい保育園に転職

今後昇給が見込めるかどうかは、転職先の保育園の規模や経済力・そして経営者の方針をしっかり見極めることが必要になってきます。

 

しかし、いくつかの転職候補の保育園を一人で正確に調べるのはとても難しいですよね。

 

その場合は転職サイトを利用して、プロの目線で転職先をチェックしてもらいましょう。

 

経営状況はもちろん、保育園の内情や人間関係といった細かい部分まで把握しているサービスもあります。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の給料について

この記事に関連する記事一覧