保育士の給料は公立と私立の保育園でどれだけ違う?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の給料は公立と私立の保育園でどれだけ違う?

保育士の給料・公立・私立
公立の保育園とは、国や市町村が管理・運営をしている保育園で働く人は地方公務員です。

 

その為、待遇は地方公務員と同等のものを受ける事が出来ます。

 

それとは異なり、私立の保育園もあります。

 

これらは、民間団体やNPOが運営している保育園で、働く人は一般企業と同様その運営する団体のルールを元に働くことになります。

 

公立保育施設と私立保育施設のメリット・デメリット

どちらもメリットデメリットがあります。

 

公立保育施設の一番の魅力は公務員として働くことができる「安定」で、勤続年数が長くなるにつれて給料は順当に上がっていきます。

 

産休・育休も保障されています。

 

公務員に対する待遇は国や市町村によって異なりますが最低限の保証は必ずされています。

 

こういった点が公立保育施設の人気がある点ですが、保育士資格の他に公務員試験に合格しなければいけません。

 

また、一定の質を保つために転勤があります。

 

私立保育施設の魅力は、園それぞれに様々な特徴があることです。

 

自分に希望と合致する特徴を見つけられれば、やりたいことの実現に近づけます。

 

ただし、公立保育施設ほど安定がありません。それは運営母体の経営状況によって給与や賞与、昇給が決まるからです。

 

その為経営状態が良い場合や運営母体がしっかりしている場合は公立保育施設よりも高給で安定して働ける場合もあります。

 

しかし、一般的に言われているのは給与面でみると私立保育施設より公立保育施設で働く方が安定であるということです。

 

これはやはり経営母体が国や市町村であり、決して崩れないものであるといえるでしょう。

 

実際に給料は公立保育施設と私立保育施設でどれほど違うのか?

給与統計を見ていると、公立でも私立でも初任給は大差がありません。

 

一般的な初任給は16万円~17万円ほどです。そこから税金等がひかれます。

 

しかし、ここからが公立と私立で大差がでてしまうポイントで、公立では公務員法や市町村での規則に定められた通り一定に昇給していきます。

 

私立はその昇給について確実なものがなく、経営が安定していない私立保育施設だと5年後の給与は公立保育施設と比べて大差が出てしまうでしょう。

 

ある例では、5年後には手取り給料で3万程度の差がついてしまうといった報告もありますが、実際にはそれ以上の場合もあります。

 

もちろん逆に公立よりも給与が出ている私立もありますが、数は多くはないでしょう。

 

この給与体系が保てる公立は、施設自体でルールを決めるのではなく国家が決めているという点で安定性が確保されています。

 

私立保育施設に就職する場合、1番のメリットであるその施設の特色を見極める事も大事ですが、もらえる給与がいくらでどういう形で昇給をしていくか、その給与が自分の
生活にとってバランスがとれているものであるかどうかを必ず確認しておく必要があります。

 

また、万が一倒産などといった場合にも備えて経営主体をきちんと確認しておきましょう。

 

保育士として働くうえで、何を最も重視するかはその人個人の価値観によります。

 

しかし、生活をしていくために必ず必要な給与の仕組みと現状をきちんと把握した上で就職活動に臨む事は大切なことです。

 

私立保育園で給料の高い所に転職するには?

私立保育園の給料は公立保育園に比べて全体的に低くなっていますが、中には運営母体が潤沢な資金を持っていて、それが保育士の給料に反映されている施設もあります。

 

また保育士の個人別貢献度によって昇給に大きく反映されたり、基本給に加えて様々な手当が出る所もあります。

 

頻繁に勤務地が変わる公立保育園より、私立でも待遇の良い施設の方が合っているという方もいるでしょう。

 

そういった施設を探すにはまず保育士専門の転職サイトに登録することをおすすめします。

 

希望の条件をあらかじめ伝えておけば、それに合う求人を担当者が探してくれますし、給料を含めた様々な条件交渉をやってくれるサービスもあります。

 

登録から利用まで全て無料なので、ぜひ使ってみてください。

 

当サイトおすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の給料について

この記事に関連する記事一覧