保育士の給料・年収はどれくらい?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の給料・年収はどれくらい?

保育士の給料・収入

 

保育士は一般的には給与が安い職業であるといわれています。

 

保育施設は大きく分けて公立と私立に分けられます。

 

経営の主体が異なっていて、公立保育所はその名の通り、公、つまり国や市町村が運営をしています。

 

私立施設は、国や市町村以外の運営母体を持っていて、学校法人や宗教法人などが運営に携わっている場合も多くみられます。

公立の保育士の給料

公立保育所の場合、給料は地方公務員と同等の扱いになります。

 

その為基本給も安すぎることもなく、賞与もちゃんと出るので安定した年収を確保することができるでしょう。

 

具体的には、公立保育所の正社員として働く人は働く地域の規定にもよりますが、20代で平均年収が300万円代、30代では400万円代が一般的とされています。

 

また、地方公務員である為、一定の待遇も見込めます。産休や育休の制度も利用でき、長く働き続けることができる環境です。

 

実際に園長先生クラスでは勤続30年以上を超えている人も少なくなく、年収で1000万円程度もらっている人もいます。

 

ただし、公立保育所の正社員のみがこの地方公務員としての待遇を受ける事が出来るため、非正規社員は異なる待遇になる場合がほとんどです。

 

また国の政策で公務員法が今後変われば、待遇が変更になる可能性も持ち合わせています。

 

数年前に公務員法が改正され、給与が下がったこともありましたが、国や市町村が雇用主になっている以上大幅に待遇が変わり、生活できないほどになることはないでしょう。

 

私立の保育士の給料

私立の保育所の場合は、その待遇はその園や経営母体によって様々です。

 

私立の保育所の待遇は、地域・経営母体・勤務年数などによって給料は変わってきますが、一般的な初任給は16万円~17万円ほどとなります。

 

そこから年金や保険などが給料から引かれます。したがって、手取りにすると、13万~14万くらいが相場となります。

 

ただし、あくまでも相場で公立の保育所よりも良い待遇で保育を実施している保育所もありますし、逆に初任給が手取りだと10万円を下回るほど安い給料で運営している保育所もあります。

 

賞与についてもその施設ごとで様々で、賞与がそもそもない施設もあります。私立保育所を選ぶ場合は、そういった待遇をきちんと調べ選ぶ必要があると言えます。

 

傾向的には、社員が1000名を超すような巨大母体が運営する施設の方が給与水準を高いです。

 

保育士全体の平均収入と年収UPのためにできること

公立・私立を合わせた日本の保育士の平均的な月収は約21万円で、年収は約310万円です。

 

日本の保育士の現在の平均年齢は34.7歳で平均勤続年数は7.6年という統計結果が出ているように離職率も高く若い保育士が多いという現状もあり平均値は少し低めとなっています。

 

こういった平均値からみても、保育士は他の職業と比べ、年収が比較的少ないといえるでしょう。

 

しかし転職を成功させることで収入を上げることに成功した人も多くいます。

 

もし現在、収入面の待遇で不満を持っているのでしたら転職を検討してみる価値はあります。

 

参考:保育士が給料アップするための転職のコツ

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の給料について

この記事に関連する記事一覧