幼稚園教諭の給料はいくら?私立・公立の違いや平均年収について解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

幼稚園教諭の給料はいくら?私立・公立の違いや平均年収について

155177

 

幼稚園教諭の給与は平均で年収200万円台後半です。

 

公立と私立、一般企業の託児所と分かれており、それぞれ特徴がありますが、給与を重視するのであれば大企業の託児所がお勧めです。

 

公立でもある程度は良い給与でありますが、私立が最も低い平均給与になっています。

 

幼稚園教諭の給与・年収について

幼稚園教諭で現在働いている人、もしくはこれから働こうと思っている人は、幼稚園教諭の平均的な給与や年収を気にしている人も多いのではないでしょうか。

 

決して楽な仕事ではないので、ある程度平均的な給与を知ることによって自分がもらっている給与が高いのか判断することができます。

 

私立と公立幼稚園で給与が違う

働く場所によって違うことは幼稚園教諭に限らずどこの業界でも同じですが、幼稚園教諭の給与に関しては働く場所によって大きく変化してきます。

 

まず、幼稚園教諭の働く場所としては大きく2つの働く場所があります。公立の幼稚園と私立の幼稚園です。

 

私立の幼稚園の場合

私立の場合は効率と比べて給与が低いとされています。

 

平均でいうと月収18万円前後、そこから社会保険料などが引かれて月収14万円ぐらいが平均的な給与です。

 

また、私立の場合は規模の大きさによって給与の差が大きく、小規模の幼稚園程安く、大規模になればそれだけ高くなる傾向にあります。

 

また、私立でも高級なタイプの場合は、給与も高くなることが多いですが、託児所に近い幼稚園の場合は手取りが10万円前後と非常に低くなり、ボーナス無しというところも珍しくはありません。

 

私立で働く場合は、公務員試験を受ける必要がないですので、ある程度は就職しやすいメリットがある反面、場所によっては一人で生活することが困難なぐらい給与が安いところもありますので、注意しておきましょう。

 

私立幼稚園の年収

私立幼稚園の場合は給与低い分、ボーナスで補う形をとっているとことが多いのも特徴的です。ボーナスで年間3か月から4か月ぐらいのとこもあります。

 

しかし、年収は200万円台前半、もしくは250万円ほどで決して高くはありません。

 

給与の高いタイプの私立幼稚園では基本給もそれなりにありますので、平均的な年収としては300万円以上になります。

 

公立の幼稚園の給与

公立の場合は、公務員になりますので給与としてはそれなりに高いです。

 

月給は24万円ぐらいが平均だといわれていますので、20万円前後が手取りになります。

 

また、ボーナスに関しては年間2か月か3か月ぐらいが平均的であり、年収は370万円弱となっています。

 

公立幼稚園がお勧めなのか?

給与だけでみると公立の方がおすすめだと思ってしまうでしょう。しかし、公立の場合はまず試験を受けなければなりません。

 

そのため、ある程度の準備が必要ですし、募集がないと受けることもできません。

 

募集をしているところの地域を探して応募をすることもありますので、一人暮らしをしないといけなかったりなど、職を探すだけでも難しい場合があります。

 

また、公務員といっても幼稚園教諭の場合は準公務員という扱いですので、昇給などは公務員よりもかなり少ないです。

 

10年間勤務を続けていても年収は300万円台ということも珍しくはありません。

 

お勧めは企業の託児所

最近では企業に託児所を設置しているところが増えてきましたが、託児所内では保育士や幼稚園教諭が働いています。

 

小さな企業であれば私立の幼稚園と似たような給与ですが、大きな企業になりますとある程度その企業の社員に基づいた賃金を支払っているところもありますので、給与としては非常に高い金額を得ることができます。

 

ある大企業の託児所では給与は25万円、ボーナスは4か月で、年収400万円と幼稚園教諭としては破格の金額で働いている幼稚園教諭もいます。

 

また、そういったところでは年功序列で給与が上がっていく傾向にありますので、昇給も期待ができて、良い待遇で働ける可能性が非常に高いのです。

 

もちろん就職するときに大変ですし、社員の子供をみるので神経を使うこともあるかもしれませんが、給与を重視する場合はこういった働く場所もお勧めです。

 

 

幼稚園教諭の給料について

この記事に関連する記事一覧