シングルマザーの保育士転職における面接のポイントとは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

シングルマザーの保育士転職における面接のポイントとは?

転職には面接が必ずありますが、面接を行う際にはどのように対応をすればいいのか、どのように答えればいいのか分らないといった方も多いと思います。

 

特にシングルマザーの場合は、どういった視点で面接官は判断しているのか気になる部分があるのではないでしょうか。

 

ここでは保育士として転職を希望するシングルマザーが面接を受ける際に、特に気を付けたいポイントについて解説していきます。

 

シングルマザーはマナーや応対をしっかりしておくことが大切

ここが独身の方とシングルマザーの方との大きな差であるといえます。

 

独身の場合であれば多少の失礼(元気がありあまる)などの場合でも大丈夫な場合が多いですが、シングルマザー。人の親になりますとそれなりの目で見られることが多いです。

 

そのため、しっかりと対応をすることが大切です。

 

しっかりというのは抽象的ですので、具体的に言いますと、受け答えがはっきりとしている、マナーがきちんとできているなどです。

 

マナーについては本屋などで販売されているマナー本を一度目を通してみましょう。

 

受け答えがはっきりとしているというのは、聞かれたことに対してしっかりと返答ができているということです。

 

人によっては聞かれてもいないことに対して長々と話す人も多いですので、聞かれていることに対してしっかりと答えれるようにしましょう。

 

自己アピールをする際は、聞かれていること+αで答えることが必要になりますが、それでも自分が話していることが聞かれていることに対して逸れていないか確認をしましょう。

 

聞かれることが多い子供のこと

シングルマザーであれば聞かれることが多い子供のことですが、何を聞かれるのかというと、子供が熱などを出した時の対応です。

 

仕事を休まないといけないのか、遅刻や早退をしないといけないのか、問題なく出勤できるのかということです。ここは必ず正直に答えるようにしましょう。

 

誰も見てくれる人がいないのに、熱を出しても出勤することができますと答えてしまいますとその場では良いですが、実際に働き出してからトラブルのもとになることもありますので、十分な注意が必要です。

 

正直に答えると良いですが、その際は具体的に答えるようにしましょう。

 

例えば以前の職場ではどうしていたのかを伝えることも良いですね。

 

「以前の職場では子供が熱を出していたら、仕事は遅刻して出勤をしていました。親の自宅に預けに行く為、どうしても出勤が遅くなってしまうからです。」

「以前の職場では子供が熱を出していただ休んでいましたが、公休を振り替えて出勤をしていました」

 

など自分がしてきたことを相手に伝えると一番わかりやすいかと思います。

 

感謝の気持ちを伝える

シングルマザーはどうしても書類選考で落とされることが多いです。その為、面接を受けにいったら感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

面接をしてもらい、非常にありがたく思っているなどといったような言葉を添えておくと相手にとっても良い印象です。

 

シングルマザーの保育士転職

この記事に関連する記事一覧