シングルマザーの保育士転職について 傾向や注意点・求人探しで考えるべきこと

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

シングルマザーの保育士転職について 傾向や注意点・求人探しで考えるべきことは?

シングルマザーは転職について様々な困難がありますが、どのような点に注意して転職を行っていけば良いのでしょうか?

 

ここでは、保育士への転職の傾向や注意点、考えるべきことについて説明していきます。

 

シングルマザーは当たり前になりつつある

以前までは離婚をするということは珍しいことでしたが、現在では3組に1組は離婚をしているという時代であり、シングルマザーは特に珍しいことではなくなりました。

 

そのため、以前に比べて転職をしにくくなったということはありません。

 

また、近年ではシングルマザーの保育士を現場復帰させようという流れが出てきていますので、反対に就職が行いやすい場合もあるほどです。

 

シングルマザーが転職する際の注意点

シングルマザーが転職を行う際は、母子手当や各種の手当てについて自分が対象外になるのか、対象内になるのか事前に知っておくことが大切です。

 

母子手当などは所得によっても違いますので、所得が下がると手当てが増えて、所得が上がると手当てが少なくなってしまいます。

 

転職によって収入がある程度変化すると思いますので、その中でもし転職をした場合は自分がどのようになるのかもきちんと把握をしておきましょう。

 

もし給与が若干上がり、その分手当てが各段に下がる場合は、転職先をきちんと考えてから転職をすることをお勧めします。

 

しっかりと生活するためにはやはりお金が必要になりますので、その辺りはシビアに考えてください。

 

また、自分で分りにくい部分あるかと思いますので、役所などに確認をするなど、手当てについては支給をしてもらっているところに問い合わせをしてきちんと確認するようにしましょう。

 

シングルマザーが保育士への転職で考えたいこと

転職をする際に考えたいこととしては、相手の気持ちになって転職をするということです。

 

相手というのは転職を希望しているところの面接官です。面接官の気持ちになって考えるとスムーズにいきます。

 

通常シングルマザーと独身の方であれば独身の方を採用すると思いがちです。

 

面接官の気持ちになるとやはりそういった境遇も大切ですが、何よりもやる気が大切だということがあります。

 

やる気をしっかりと持っておくことによってシングルマザーでも問題なく転職をすることができます。

 

面接官の気持ちになるということは、転職をする方にとって非常に大切なことになりますので、相手の気持ちに立って転職をするようにしましょう。

 

また、自分はきちんと働いて子供を育てる使命があるということを心に置いておきましょう。

 

自分のために働くのではなく、子供のために働く、子供がしっかりと育つように働くというように、人のために働くことを心にとめておくと、それが自然と行動に出て相手にも伝わります。

 

シングルマザーの保育士転職

この記事に関連する記事一覧