保育士試験の勉強方法

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士試験の勉強方法 独学・通信教育・学校に通学 どれがいいの?

保育士試験の勉強

 

合格率の低い保育士の試験を受かるためには、効率良く、しっかりと様々な出題問題に対応できるように勉強しないといけません。

 

保育士試験の勉強を始める時期の目安

保育士の試験は毎年8月に実施されます。実技に関しては10月です。
受験勉強は余裕を持って半年前からを目安にしておきましょう。あまりにも勉強期間が長いと最初に行った勉強を忘れてしまいますので、注意しておきましょう。

 

保育士試験の主な勉強方法としては

 

①学校に通う
②通信教育で学ぶ
③独学で学ぶ

 

このような方法があります。

 

お金がかからない方法としては、③、②、①の順番ですが、合格率が高くなるのは①、②、③です。

 

保育士の試験に確実に受かりたい、独学は不安だという人には①の学校をおすすめします。

 

また、自分に自信があってある程度の勉強方法も確立できている、お金を使いたくない人は③の独学をおすすめのします。どちらでも無い間を取ろうとすると②になりますね。

 

①学校に通う方法

各学校が考えたカリキュラムで効率的に学ぶことができます。誰かに直接教えてもらいながら勉強をしたい、学校という場で勉強したいと考えている人には最も適している方法だと言えます。

 

ある保育士の試験対策校では、主に2コース設けています。一つは全ての科目を総合的に授業をしてくれる総合コースで、約20万円かかります。
また、幼稚園教諭を持っている方なら受講料が20万円ほど安くなります。

 

もう一つのコースとしては、受講科目を自分で選択をして出席できる科目選択コースです。

 

保育士は受験科目全てを1年で合格しないといけないといった試験ではありません、合格した試験科目は3年間は免除になります。

 

そのため、苦手な科目のみを受講するなどして、自分のペースで勉強を進めることができます。1科目の受講料は2万5千円かかります。

 

②通信教育で学ぶ方法

保育士の試験対策を通信教育で行う人もいます。通信教育では学校と違って自分である程度の勉強のペースを決めて進めていけますので、仕事をしている方などには非常におすすめの方法です。

 

ある通信教育のプログラムでは、保育士の勉強を55段階に分けて学習を継続しやすいように、始めやすいように工夫されています。

 

細分化することによって、一つ一つの事柄を確実にクリアしていき保育士試験に挑むことができます。

 

勉強方法としては、テキストだけではなく動画を見ながらより分かりやすく勉強できるように工夫されています。1回あたりの勉強目安は45分ですので、時間がない方でも進めていくことができます。

 

保育士の通信教育ではプロの講師が近年の出題傾向などを吟味してテキストに反映していますので、信頼度の高いテキストで学ぶことができます。

 

③独学で学ぶ方法

独学で試験勉強をする人は非常に多くいます。主な勉強方法としては、書店などで販売されている参考書などをテキストに勉強をしていきます。

 

参考書を使用したとしても、完全に独学の方法になりますので、しっかりと傾向と対策を理解しておきましょう。

 

注意点としては、保育士は様々な点で法律や条約と関係した事柄が出題されます。法律や条約が改定される度に試験対策も変化してきますので、参考書などは常に最新のものにしておきましょう。

 

また、独学では自分のペースで進めていけるメリットはありますが、誰も後押しをしてくれる人がいないですので、集中が途切れないように工夫する必要があります。

 

3つの方法がありますが、多いのは独学です。書店にいけば非常に多くの参考書が置いていますので、勉強もしやすく、わからないことであればネットでも検索ができます。

 

ネットは昔は盛んではありませんでしたが、現代では調べられないことがないぐらいあらゆる知識が反映されています。

 

注意しなければならない点としては、参考書の情報は確実ですが、ネットでの情報を鵜呑みにしないということです。ソースがきちんと明らかにしていない情報であれば信頼しないようにしましょう。

 

 

保育士試験の学習方法

この記事に関連する記事一覧