30代での保育士転職・求人探しで考えるべきこと

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

30代での保育士転職・求人探しで考えるべきこと

30代保育士の転職

 

30代の保育士がスムーズに転職するためにはどのような点に注意しておけば良いのでしょうか?そのポイントをご紹介していきます。

 

自分が何を重視しているのかを確認する

30代の転職になりますと、最後のチャンスであることが多いです。保育士の転職は35歳を過ぎたあたりからだんだん難しくなってきますので、慎重に選ぶことが大切になってきます。

 

転職するにあたり、自分がどのような点を大切にしているかを再確認しておきましょう。

 

給与が高い方が良いのか、休みが多い方が良いのか、家から近い、勤務時間が短い、など人それぞれによって重要視する部分は違いますが、自分が何を大切にしてるのかを確認しないまま求人を見ても迷ってしまうことが多いです。

 

また、完全に条件に合う理想の求人はめったに見つかりませんので、妥協できるのあればどの部分まで妥協できるのかなども自分で決めておきましょう。

 

口コミはあまり信用しない

保育士の業界は非常に狭い世界ですので、いろんな噂が広がっています。特に悪い噂はすぐに広まりやすく、「あそこの保育園は評判悪いよ」などといった口コミは働いていれば聞こえてきます。

 

しかし、実際口コミの信用度はそこまで高くありません。

 

実際に働いていた人の口コミでも主観が入っていますので、全て鵜呑みにするのは辞めておきましょう。

 

どうしても気になるのであれば、実際にその保育園まで面接に行って足を運んで、自分の目で確かめた方が確実です。

 

求人には広く目を向けてみること

保育士は主に保育園で働いていると思われていますが、近年では様々なところで保育士は活躍しています。

 

保育園に絞って求人をみるのではなく、広い視点で求人をチェックするようにしましょう。

 

病院や美容院などでも託児所を設置しているところはありますし、最近は企業内保育所の開設もたくさん行われています。

 

基本的に子どもがいるところに保育士は必要だと考えて、広く求人を見れるように意識することが大切です。

 

保育士の求人説明会に参加する

保育士は人手不足の業界です。その為、市や県などが主催する複数の企業が合同で求職者を募集する求人説明会を開催してる場合があります。

 

これは実際に働いている人が説明してくれますので信頼できますし、何よりも様々な職場を比較できるチャンスです。また、実際働いている人の雰囲気なども感じとれる場ですので、自分がそこに合うのかもわかるかもしれません。

 

大規模な説明会の場合は100社以上がブースを作っていることもありますので、是非参加してみましょう。

 

他にも保育士の求人は様々なところから検索することができます。

 

最近ではインターネットにもたくさんの求人情報が掲載されているので、気軽に検索をすることができます。

 

気軽に検索できるからこそ情報過多になってしまう、30代での転職なので慎重になってしまうなどといった理由からなかなか転職に踏み切れないといった悩みを抱えている人も多いと言われています。

 

慎重になることも大切ですが、ある程度の条件のところがあればとりあえず応募してみるのも良いかと思います。

 

面接を受けないと雰囲気も分かりませんし、自分が想像している場合よりも良い、悪い職場かもしれませんので、実際に目で見て確認するようにしましょう。

 

また、最近では人材紹介会社が間に入って転職するといった人も多くいます。

 

保育士専門の人材紹介会社では業界の内情を良く知っていますので、登録をしておけば良い職場を探してきてくれるかもしれません。

 

保育士転職サイト比較

 

 

30代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧